チョコロスを救おう

ここに表示されている商品は百貨店や商業施設、ホテル、カフェ、レストラン、代理店などに納品されていたものです。冬から春にかけて納品先での客足が鈍り、消費量が落ちてしまったために行き場を失いつつあります。
今後も消費回復までに時間がかかることが予想され、賞味期限が近づく前にロスゼロに相談がありました。

「企業として社会貢献したい」
「思いを込めて作ったスイーツをこのまま食品ロスにするわけにはいかない」
「作り手の思いを、食べてくださる方に最後まで届けたい」

と、みなさま強い気持ちを持っておられます。
これから私たちに求められる≪新しい生活様式≫の中で、おうち時間も増えているかと思います。

なんの問題もない、美味しいスイーツをひと時の休憩としてどうぞ。

バレンタインデー・チョコレートと食品ロスについて

毎年2月14日が過ぎると、店頭から姿を消すバレンタインチョコレート。
節分の恵方巻の大量廃棄で注目されていますが、大きな食イベントの後はロスが出ています。バレンタインは市場規模が約1,300億円。マーケットが大きい分、少しの需要予測のズレでも結構なロスになります。

当然ながら、各メーカーはロスを出さないように最大限努力をしています。しかし全国展開をしているようなブランドですと、各店頭に少しずつ余ったとしても合計してみるとかなりの数になる場合もあります。商戦のクライマックスである2月14日の当日、店頭で「売り切れたのでこれで終わりです」と言えるでしょうか。実際は少し多めに準備しておくのがビジネスなのではないでしょうか。

チョコレート

チョコは調理方法によって賞味期限が長いものが多いので、2月15日時点で全てがロスというわけではありません。ホワイトデー需要や、他の販路もあります。しかしホワイトデーが終わるとさすがにそれ以降は厳しく、ファミリーセールや寄付をしたとしてもまだ残ることがあります。

コロナウィルスが関係!?

2020年のバレンタインは、コロナウィルスの影響で他の年とは様相が異なり、店頭販売のバレンタインチョコが例年より多く余っています(特に首都圏)。先行きが不透明であり、需要予測のズレが大きくなる一年と言えるでしょう。

経済性と社会性の両立を目指して

わたしたちロスゼロは「2月14日のバレンタインが商業主義に陥っている」と言いたいのではありません。問題は「美味しく、美しく、高級さを競うかのように作られてきたチョコレートが、2月15日以降、突然その価値をなくす」ことです。本当に、価値はゼロになってしまうのでしょうか?

経済的な成長を諦めるのではなく、もったいないものをうまく消費するなどして、私たちの生き方をアップデートする時期にきたように思います。

お財布と環境にちょっぴり優しいお買物を

鬼に金棒!福豆チョコ
エクチュアチョコレート

ロスゼロは、食品ロスが発生してしまった背景や作り手さんの思いを消費者の皆様にお伝えし、販売しています。皆様がお得に購入し、最後まで美味しく消費してくださると、「本当はまだ価値がある、もったいないもの」を減り、持続可能な社会に少し近づけるのではないかと考えています。

メディアでも注目!食品ロスの"今"

SDGsを始めとして、今メディアでの食品ロスに関する注目度が急上昇しています。ロスゼロでの活動も、多くのTV・ラジオ・新聞・書籍など、各方面のメディアに取り上げられています。

  • 毎日放送MBS「ミント!」
  • 関西テレビ「報道ランナー」
  • 朝日新聞デジタル
  • PHP研究所『食品ロスの大研究』
  • TBSラジオ『森本毅郎スタンバイ!』
  • 日本一明るい経済新聞