ロスゼロブログ

カテゴリ一覧

国連のUNHCRってどんな組織?

公開日: 更新日:2024.01.05
国連のUNHCRってどんな組織?


UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)は、1950年、第二次世界大戦後のヨーロッパで、戦争からの避難民である約100万人の人々を保護し、支援するために設立されました。

本部はスイスのジュネーヴにあり、現在では130カ国以上に展開し、地方事務所や地域事務所を通じて、世界中の難民や避難民、無国籍者等への援助活動を行っています。

UNHCRは難民問題解決のための国際的な主導者となり、さまざまな危機に立ち向かうための重要なパートナーとなっています。


UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の基本情報

難民キャンプ

国連難民高等弁務官事務所とは何か

国連難民高等弁務官事務所とは、その名の通り、国連が難民問題に対応するために設立した専門機関です。
具体的には、難民の保護と長期的な解決を推進するための活動を担当しています。UNHCRは、難民の法的保護を確保し、人道的援助を提供し、難民問題の永久的な解決を見つけるために、国際社会と協力して活動しています。

UNHCRと難民の認定・保護

UNHCRは、難民の認定と保護を主な目的としています。
難民の認定とは、難民条約や国内法に基づいて、難民と認定されるかどうかを判断することです。難民と認定されると、難民として認定された国で生活し、就労、教育、医療などの支援を受けることができます。
難民の保護とは、難民が迫害や暴力から身を守ることができるようにすることです。難民の保護には、難民が安全な場所に移動できるようにすること、難民が帰国または第三国に定住できるようにすることなどが含まれます。
難民の認定と保護は、難民が安全に生活し、自立して暮らすことができるための基礎となります。

難民問題解決への歴史的な取り組み

難民問題解決への歴史的な取り組みとしては、UNHCRは常にその立場を利用して国際社会に難民問題への関心を喚起してきました。特に、難民の再定住、自発帰国、そして地元社会への統合という「持続可能な解決」の推進に力を注いできました。
これらの取り組みにより、UNHCRは難民問題解決のための国際的な主導者となり、さまざまな危機に立ち向かうための重要なパートナーとなっています。

UNHCRの主な活動

食料調達

UNHCRが対応する難民の現状と課題

21世紀に入り、世界には約8240万人の難民や内部避難者が存在しています。これは紛争、迫害だけでなく、気候変動や経済の崩壊による避難者も含みます。
難民が直面する問題は多岐にわたり、基本的な生活を維持することが困難なケースが多く、新たな環境に順応することも大きな課題です。
難民問題の解決には、国際社会全体の協力と人道的な観点からの支援体制の強化が必要となっています。

緊急支援と長期的な難民支援

UNHCRの活動は緊急支援長期的な難民支援の二つの側面を持っています。
紛争や自然災害が発生した際には、難民に食糧、水、医療サービス、避難所などの生活必需品を迅速に供給する役割を果たします。これにより、難民が直面する即時の生存危機を救済し、安全と生活の基盤を確保します。
一方で、教育や職業訓練の提供を通じて、難民が自立し、新たな生活を送れるよう長期的な支援も行います。さらに、安全な避難場所の確保や法的援助、再定住や自発的帰国の支援も含めて、全体的な避難援助活動を実施しています。

UNHCRによるコミュニティ支援

UNHCRの援助活動は個々の難民だけでなく、受け入れコミュニティ全体へも行われ、教育や保健、インフラ開発といったプロジェクトを通じて地元社会の生活環境向上も図っています。
地元の理解と協力が難民のスムーズな受け入れに必要であり、UNHCRは難民との共生を強調し、そのための多岐にわたる取り組みを推進しています。具体的には、地元の学校での難民子供の教育や、地元職人と難民の共同生産プロジェクトなどが実施され、これらは地元経済の発展にも寄与しています。

UNHCRの資金調達とその使途

寄付

UNHCRの主要な資金源

UNHCRの資金源は、主に国連加盟国からの拠出金と一般市民や企業からの寄付で成り立っています。
その中でも最大の資金提供国は、アメリカ合衆国で、2022年には約16億ドルの拠出が行われました。他の主要な拠出国には、ドイツ、EU、イギリスなどがあります。
また、民間からの寄付も重要な資金源となっており、その中には企業やNGO、一般の個人からの支援も含まれます。

資金調達活動とその必要性

UNHCRの資金調達活動は、緊急の人道的支援だけでなく、難民の再定住支援や地元社会への統合、教育や医療へのアクセス向上など、長期的な難民支援にも活用されます。
また、難民が直面する多様な課題に対応するため、資金の需要は増加傾向にあります。

寄付金の使途と透明性

UNHCRは、寄付金の使途について高度な透明性を維持しています。
年次報告書やウェブサイトを通じて、詳細な財務報告を公開しています。これには、どのようなプロジェクトにどの程度の資金が使用されたか、またその結果と影響についての情報が含まれています。これにより、寄付者は自分が支援する活動が具体的にどのように難民の生活改善につながっているかを理解することができます。

UNHCRと他の国際機関との関係

コニュニティ

UNHCRと他の国連機関との協力

UNHCRは他の国連機関と密接に協力しています。
特に、国連開発計画(UNDP)世界食糧計画(WFP)国連児童基金(UNICEF)といった機関と共同で、教育、医療、食糡供給といった基本的な生活援助を提供しています。これらの機関はそれぞれ特化した専門知識を持っているため、その知識とリソースを組み合わせることで、より効果的な支援が可能となっています。

民間機関とUNHCRのパートナーシップ

UNHCRは民間機関とも積極的にパートナーシップを結んでいます
これらの機関は地元のコミュニティに深く根ざしており、地元の文化や社会構造を深く理解しています。そのため、UNHCRと民間機関との協力により、地元のニーズに合った、効果的で持続可能なプログラムの開発と実施が可能になっています。

UNHCRと日本

日本は、UNHCRの活動を支える重要なパートナーの一つであり、資金提供だけでなく、技術的な協力や人材の派遣も行っています。
日本政府は一貫して難民支援のための資金を提供しており、2020年には約1億5千万ドルの資金援助を行い、主要な供与国の一つとして位置づけられています。また、民間非営利団体である国連UNHCR協会が公式支援窓口として、UNHCRの活動を支援しています。
日本は専門知識を活用した技術的な協力も展開し、難民が自立し、地元コミュニティに統合するための教育や職業訓練などに取り組んでいます。更に、UNHCRには日本から派遣されたスタッフも多数在籍しており、現地での援助活動に直接関与しています。
これらの日本の貢献は、難民問題の解決と持続可能な社会の構築に向けて、大きな役割を果たしています。

世界で、日本で、私たちができること

支援活動

国連UNHCR協会と地方自治体の協力

国連UNHCR協会と地方自治体との協力もまた、難民支援の一環として行われています。
地方自治体は、難民の生活をサポートするさまざまなサービスを提供する立場にあります。そのため、UNHCR協会との連携は、より効果的な支援を実現するために重要です。このような協力関係は、全国各地で実際に行われており、難民の社会統合と生活改善に寄与しています。

志願と寄付

UNHCRの活動は、志願者や寄付者の支援が不可欠です。
志願者は、現地での活動支援や広報活動など、さまざまな形で協力します。また、寄付者からの資金援助は、活動を継続し、より多くの人々を支援するための重要な財源となります。
私たちは、志願活動を通じて直接参加するか、寄付を通じて間接的に支援することが可能です。

UNHCRの志願者活動とその影響

志願者の活動は、難民支援のみならず、一般社会への影響も大きいです。彼らは難民問題を広く社会に知らせ、理解を深める役割を果たします。
また、彼ら自身が難民との交流を通じて得た経験や視点は、社会全体への共感や理解を増やすきっかけとなります。これらは、UNHCRの活動だけでなく、より包括的な社会の変革にも寄与しています。


国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)

UNHCR日本

国連UNHCR協会

ロスゼロブログ一覧へ

この記事を書いた人

中川

環境開発学を専攻し、大学時代に交換留学で訪れた北欧でエコライフに目覚めました。帰国後、国内外のエコプロジェクトに参加し、サステナブルな食文化や食品ロス削減のヒントを発信しています。

監修者

文 美月

株式会社ロスゼロ 代表取締役
大学卒業後、金融機関・結婚・出産を経て2001年起業。ヘアアクセサリーECで約450万点を販売したのち、リユースにも注力。途上国10か国への寄贈、職業支援を行う。「もったいないものを活かす」リユース経験を活かし、2018年ロスゼロを開始。趣味は運動と長風呂。