ロスゼロブログ

カテゴリ一覧

国連のILOってどんな組織?

公開日: 更新日:2024.01.05
国連のILOってどんな組織?


国際労働機関(ILO)は、第一次世界大戦後の1919年、ヴェルサイユ条約第13編「労働」に基づき、国際連盟の一部として設立され、1946年に国連の最初の専門機関となりました。

世界の労働者の労働条件と生活水準の改善を目的とし、労働者の権利を保護し、社会的公正を促進し、生産性を向上させるための国際労働基準を制定し、政策やプログラムを策定しています。


ILOの役割と活動

工事ヘルメットと司法

1919年の設立から現在の活動まで

1919年に設立されたILOは、国際連合が設立される以前から存在しており、現存する最も古い国際機関の一つです。
設立の背景には、第一次世界大戦後の社会不安を和らげ、公正な労働条件を通じて平和を確保するという考えがありました。ILOは社会的公正と労働者の人権保護を追求する活動を通じて、労働問題の解決に取り組み続けています。

ILOの活動とその目的

ILOの具体的な活動としては、労働基準の設定、雇用の創出、社会保障の強化、社会対話の推進などがあります。これらの活動を通じて、ILOは世界中の労働者の生活環境の改善と持続可能な社会経済開発の促進を目指しています。

国際労働基準の設定と適用について

ILOは、全世界の労働者の権利と公正な労働条件を保証するため、国際労働基準の設定に尽力しています。
ILOが設定する国際労働基準は、労働条件、労働時間、賃金、労働者の健康と安全など、労働者の生活と職場環境に直接関わる重要な事項をカバーしています。これらの基準は、条約や勧告の形で提供され、各加盟国によって自主的に批准され適用されます。
その遵守を支援するため、ILOは専門的なアドバイスを提供し、労働基準の遵守状況を監視するための仕組みを設けています。これにより、ILOは各国の労働者保護のための枠組み作りに貢献しています。

ILOの業績:基本的労働規範宣言

労働者

「基本的労働規範宣言」の採択とその影響

労働者の権利の保護と社会的公正の推進は、ILOの主要な任務です。1998年に採択された「基本的労働規範宣言」は、ILOの歴史的な成果の一つであり、全ての国が遵守すべき4つの基本的な労働者の権利を明確に定めています。
この宣言は、労働の自由、労働条件の公正さ、人権の尊重というILOの基本理念を強化しました。その結果、世界各国が労働者の基本的な権利を認識し、それらを保護するための法律と規制を整備するきっかけを提供しました。

労働者の基本的な権利の確立

「基本的労働規範宣言」により、労働者の基本的な権利は、全世界の国々が認識すべき普遍的な価値として定着しました。具体的には、強制労働の禁止、児童労働の撤廃、労働者の組織化と団体交渉の権利、労働における全ての形態の差別の排除といった原則が明確に示され、これらが労働者の権利として確立されました。

強制労働と児童労働の廃止に向けた取り組み

ILOは強制労働と児童労働の廃止を全世界に向けて推進しています。
このために、ILOは各国に対してこれらの問題を取り組むための方策を提供し、法律や政策の改革を支援しています。また、宣言に基づく年次レビューを通じて、各国の労働権に関する状況を監視し、改善のための具体的な勧告を提供しています。
これらの取り組みにより、世界的な強制労働と児童労働の撲滅に向けた動きが加速しています。

ILOの「三部閣制」とは?

手を伸ばしている人

三部閣制の概念とその重要性

ILOの組織構造は、全世界の政府、労働者、雇用者の代表者が平等に参加する世界的にユニークな「三部閣制」を採用しています。
これは、労働に関連する各種の決定が、それぞれの視点と意見を組み合わせて決定されることを保証し、労働基準と政策が幅広い合意に基づいて策定・適用されることを確保しています。

三部閣制における各役割

三部閣制における政府は、労働法制度の整備と労働政策の決定に寄与します。労働者の代表者は、労働者の権利と利益を保護する観点から意見を提出します。雇用者の代表者は、企業活動と雇用の観点から提言を行います。これら三者が協調し、労働に関する政策や基準を設定します。

三部閣制の利点と影響

三部閣制は、労働基準や政策が各関係者の協議を経て形成されるため、その決定が公平性と受け入れやすさを確保する大きな役割を果たします。これにより、労働者の権利保護、社会的公正、生産性向上といったILOの目標がより効果的に達成されることが期待されます。

ILOの資金源と使用方法

資金

資金源とその構成

国際労働機関(ILO)の主要な資金源は、加盟国からの会費で構成されています。これは、各国の国民総所得や国連の規定に基づいて算定されます。
また、会費の他にも、特定のプロジェクトやプログラムを支援するための寄付や、特定の活動を行うための他の国際機関や民間団体からの資金援助も資金源となっています。

財政管理と透明性

ILOの財政管理は、効率性、責任感、透明性の原則に基づいています。その財政状況は、外部の監査機関によって定期的に監査され、その結果は公開されています。
これは、資金の適切な使途とその活動の透明性を確保するための重要な措置であり、資金提供者からの信頼を得るために不可欠です。

資金分配とその優先順位

ILOの資金は、その目標と任務を達成するためのさまざまな活動とプロジェクトに分配されます。特に、労働基準の策定、労働条件の改善、雇用の創出、社会保障の拡大などに重点を置いています。
資金の分配は、その優先順位や活動の緊急性に基づいて行われ、その効果と結果は評価と監査の対象となります。

ILOと国際機関・日本との関係

日本地図

世界銀行との関係

世界銀行とILOは、特に雇用創出、貧困削減、社会保障の強化といった領域で協力関係を持っています。例えば、データ収集や分析、政策アドバイス、技術的な支援など、両機関は共通の目標達成のために協力して活動を行っています。

世界保健機関(WHO)との関係

ILOとWHOは、労働者の健康と安全に関する課題に対する協力を深めています。労働環境における健康と安全に関する国際規範の策定や、職業病の予防と管理、労働者の健康促進などの領域で、両機関は共同でプロジェクトを行ったり、情報と経験を共有したりしています。

日本との関係

日本は、1919年に設立された国際労働機関(ILO)の創設メンバーの一つであり、以来、ILOの目標と原則を支持してきました。
日本はILOの主要な資金提供国の一つであり、多数のプロジェクトとプログラムに財政的な支援を提供しています。特に、技術協力や人材育成分野では、日本の実践的な経験と先進的な取り組みが高く評価されています。
ILOを通じて、日本は国際社会における労働問題の解決に向けた自国の取り組みを共有することができます。また、世界各国との対話を通じて、新たな課題や解決策を学ぶことができ、これらの知識を自国の労働政策の改善に活用することが可能です。さらに、ILOが提供する多様な教育やトレーニングプログラムを利用することで、日本の労働者や雇用者、政府関係者の能力強化を図ることができます。

世界中の労働者の雇用と生活を向上させるために

手をつなぐ家族

労働者の権利と雇用の促進

ILOは全ての人が公正で満足のいく労働を求める権利を持つことを主張し、その実現に向けて各国に対して労働者の権利の保護と雇用の促進を推進しています。
さらに、働く人々が安全で健康的な労働環境を享受できるような労働基準の制定に尽力しており、その実現に向けた取り組みを全世界の加盟国に対して推奨しています。
これにより、労働者の生活の向上と雇用の拡大が図られています。

労働問題に関する情報の収集と分析

ILOは労働問題の解決に必要な情報を収集し、分析しています。
その範囲は各国の労働統計、労働基準の適用状況、労働者の健康や安全に関するデータなど幅広く、これらの情報分析を通じて、ILOは労働環境の改善策を提案し、その実行を支援しています。これにより、労働者の生活の向上が図られています。

ILOの教育とトレーニング活動

ILOは世界各地で労働に関する教育とトレーニング活動を行っています。労働者の権利、労働基準、雇用政策、社会保障などについての教育と研修を提供し、参加者がそれらの知識を自国で活用できるよう支援しています。
新たな労働問題や労働市場の変化に対応するための新しい教育プログラムの開発も行っており、これらの活動を通じて、労働者の生活と雇用の向上に寄与しています。


国際的な調整機関としての役割を果たしつつ、具体的な労働問題の解決に向けた枠組みを提供するILO。それは、社会的公正を促進し、労働者の権利を保護するための貴重な存在と言えるでしょう。また、ILOが推進する対話や協力は、国境を超えて労働問題に取り組むことの重要性を世界中に示しています。その影響力は、各国の労働政策だけでなく、企業の社会的責任や労働環境の改善にも寄与しています。



国際労働機関(ILO)

ILO駐日事務所





ロスゼロブログ一覧へ

この記事を書いた人

中川

環境開発学を専攻し、大学時代に交換留学で訪れた北欧でエコライフに目覚めました。帰国後、国内外のエコプロジェクトに参加し、サステナブルな食文化や食品ロス削減のヒントを発信しています。

監修者

文 美月

株式会社ロスゼロ 代表取締役
大学卒業後、金融機関・結婚・出産を経て2001年起業。ヘアアクセサリーECで約450万点を販売したのち、リユースにも注力。途上国10か国への寄贈、職業支援を行う。「もったいないものを活かす」リユース経験を活かし、2018年ロスゼロを開始。趣味は運動と長風呂。