ロスゼロブログ

カテゴリ一覧

トレーサビリティとは?サステナブルな企業に求められる透明性

公開日: 更新日:2024.01.05
トレーサビリティとは?サステナブルな企業に求められる透明性


近年、消費者が製品を選ぶ際に考慮するポイントは単なる価格や品質だけではありません。サステナビリティや企業の社会的責任も大きな要素となっています。

その中で、"トレーサビリティ"という言葉が注目を集めていますが、この言葉が具体的に何を意味し、なぜ重要なのか、そしてこれが企業や私たちの生活にどのような影響を与えるのかを解き明かすことが今回のテーマです。

トレーサビリティがサステナブルな企業運営においてなぜ不可欠なのか、そしてその影響を具体的にどのような形で私たちの選択や生活に反映しているのかについて探ります。


トレーサビリティの基礎知識

透明性

トレーサビリティとは?

トレーサビリティ(Traceability)とは、製品やサービスがどのようなプロセスを経て生まれ、どのような素材や人手が関わったのかを明確にできる能力を指します。具体的には、食品の場合、どの農場でどのように栽培されたのか、または電子機器の場合、どの工場でどのような条件下で製造されたのかを知ることができます。
このトレーサビリティが高いと、消費者は製品が持つ価値や安全性、品質を高く評価しやすくなります。また、何らかの問題(例:製品の欠陥や食品の汚染)が発生した場合、その原因を迅速に特定し対応することができるので、リスク管理にも寄与します。

透明性との関係

透明性とは、企業がその活動や意思決定、パフォーマンスについて明らかにすることです。この透明性が高い企業は、顧客や投資家からの信頼を得やすいです。
トレーサビリティと透明性は密接な関係にあります。なぜなら、トレーサビリティが高い企業は、そのプロセスや製品に対する透明性も自然と高くなるからです。逆に、透明性が高い企業は、その製品やサービスに対するトレーサビリティにも注力する傾向があります。

サステナビリティとの関係

サステナビリティ(持続可能性)とは、環境、社会、経済の三つの要素がバランス良く保たれる状態を目指す考え方です。サステナビリティにおいてもトレーサビリティと透明性は非常に重要です。
例えば、環境に配慮した製品を販売する企業は、その製品の素材が環境に優しい方法で生産されていることを証明する必要があります。これにはトレーサビリティが必要です。また、社会的にも、労働条件や人権に配慮しているかどうかを証明するには、企業活動の透明性が求められます。
トレーサビリティと透明性が高い企業は、サステナビリティを実践しやすく、その結果として消費者や投資家からの評価も高まる可能性があります。

トレーサビリティの重要性

工場

品質とトレーサビリティの密接な関係

トレーサビリティは製品やサービスの成り立ちを明確にする手法であり、これが品質保証に至る主要なキーとなります。
食品産業での材料の出所、加工手段、保存方法など、各ステップでの透明性が製品の最終品質に大きく影響します。さらに、国際的な規格、例えばISO 22000のようなものに準拠することで、企業は品質不良リスクを削減できます。
このようなトレーサビリティの導入により、消費者は製品の品質と安全性を確認できるようになり、企業と消費者の信頼関係が深まります。最終的に、トレーサビリティの取り組みは品質の向上に寄与し、市場での競争力を高める要因となるのです。

製造過程とトレーサビリティ: 信頼と品質の確保

製造過程でのトレーサビリティは、製品の品質を確保し、さらに消費者と企業との信頼関係を強化する非常に重要な要素です。具体的には、各製造段階でどのような材料が使用され、どのような工程が行われたかを明確にすることができます。これにより、もし品質に問題が発生した場合、その原因を早期に特定し、必要な対策を講じることが容易となります。
さらに、労働環境や人権に対する配慮も、製造過程の透明性を高めることで評価されます。例えば、ファッションブランドが環境や人権に配慮した製造パートナーとのみ仕事をしていることを明示した場合、そのブランドに対する消費者の信頼は高まります。研究報告によれば、このような透明性が確保された企業やブランドは、消費者からの高い評価を得やすく、結果的に売上やブランド価値が向上する傾向にあるとされています。
このように、製造過程でのトレーサビリティは品質と信頼性の両方を高め、企業と消費者との良好な関係を促進する重要な要素となっています

流通とトレーサビリティ: 安全性の向上

流通過程でのトレーサビリティは、消費者に対する信頼の維持と製品の安全性向上の両方に貢献します。例を挙げると、食品の流通過程を明確にすることで、食品の鮮度や品質、そして安全性の確認が容易となります。
また、一つのリコール事例が発生した際、迅速に原因を特定し、影響を受ける製品の範囲を狭めることが可能となります。これは自動車産業や電子製品産業でも同様です。加えて、偽造品や不正品の流通を効果的に防止するための手段としてもトレーサビリティは有効です。調査結果からも、流通経路の透明性が確保された商品は、消費者からの信頼度が高くなり、リピート購入の確率が増加することが示されています。
結論として、流通過程でのトレーサビリティは、製品の安全性と品質を確保する上で欠かせない要素となっています

環境保全とトレーサビリティ

環境問題が深刻化する現代において、企業の環境への配慮がますます重要になっています。トレーサビリティはこの点で極めて役立つツールです。
具体的には、原材料の採取場所、使用されるエネルギーの種類、廃棄物の処理方法など、製品一つ一つに関わる環境負荷を計測し、それを明確にすることができます。この情報は、企業が環境負荷を削減するための具体的な戦略を立てる際に有用です。さらに、消費者も環境に優しい製品を選ぶ際の判断材料として、このような情報を活用することが増えています。
実際、環境保護に配慮した製造過程を持つ企業は、その情報を透明にすることで、消費者からの評価が高く、売上が平均で15%増加していると報告されています。環境保全とトレーサビリティの連携によって、企業は持続可能なビジネスモデルをより強固に築くことが可能です

戦略的透明性の効果とビジネスへの寄与

透明性

競争力の強化

戦略的に透明性を高めることは、企業の競争力を直接的に向上させる要素となります。
今日の高度に情報化された社会において、消費者は単に製品やサービスそのものに興味を持っているわけではありません。それ以上に、その背後にある企業の倫理観、社会的・環境的責任についても注目しています。
透明性を確保することで、企業はこれらの要素を明確にし、消費者、投資家、その他のステークホルダーからの信頼を勝ち取ることが可能です。この信頼は、ブランド価値の向上、新しい市場への進出、そして継続的なビジネス成長に直結します。

内部コミュニケーションと従業員のエンゲージメント

透明性は外部だけでなく、企業内部にも多大な効果をもたらします。
情報の開示と共有によって、従業員は企業の目標と自分の役割がどのように連動しているのかを理解しやすくなります。これが高いレベルで行われると、従業員のエンゲージメントが向上します。エンゲージメントが高いと、生産性が上がるだけでなく、従業員が企業文化や価値に深く対話を持つことができ、それがイノベーションを生む土壌となります。

供給チェーンの効率化とリスク管理

透明性が高まることで、供給チェーン全体にもプラスの影響をもたらします。各プロセスにおける情報の可視化は、無駄の発見、プロセスの改善、そして全体的な効率化を促進します。
また、社会的、環境的リスクを明確にすることで、それに対する戦略的な対応が可能となります。例えば、サプライヤーが環境に悪影響を与える可能性がある場合、その情報が共有されれば、代替のサプライヤーを探す、またはそのサプライヤーと改善策を話し合うなど、リスクを未然に防ぐ戦略が取れます。

以上のように、戦略的透明性は企業が持続可能で、競争力のあるビジネスを展開する上で欠かせない要素です

持続可能性とトレーサビリティが構築する信頼:企業と消費者の新しい関係性

協力関係

トレーサビリティと消費者の選択

今日、消費者はただ製品やサービスを購入するだけでなく、その企業が環境や社会に与える影響にも注目しています。
この点でトレーサビリティは非常に重要な役割を果たします。企業が原材料調達から製造、販売、廃棄までのプロセスを透明にし、それを消費者に提示することで、消費者はより認知的な選択が可能になります。例えば、持続可能な漁業からのみ魚を供給しているレストランは、その情報を公開することで消費者からの信頼を得られます。
このようなトレーサビリティは、消費者が「購入する企業」を選ぶ際の新しい基準となり、企業が持続可能な取り組みを強化するインセンティブを与えます

SDGsと企業の戦略

持続可能な開発目標(SDGs)は、企業が社会的・環境的責任を果たすための国際的なガイドラインとなっています。多くの企業は、SDGsを自社のビジョンや戦略に組み込み、それを公にすることで透明性を高めています。
SDGsとトレーサビリティが結びつく点は、企業がどの程度SDGsに対応しているかを具体的、かつ量的に示すことができる点です。これにより、消費者は企業が掲げる持続可能な目標に対する具体的な取り組みを評価し、それを選好の基準にできます

サステナビリティとブランド価値

サステナビリティとトレーサビリティは、企業のブランド価値にも深く影響を与えます。
透明性が確保され、その情報が消費者に伝わることで、企業の誠実性と信頼性が高まります。特に若い世代の消費者は、サステナビリティを重視する傾向が強く、このような企業に対するロイヤリティも高いです。
その結果、持続可能なビジネスモデルを採用し、その取り組みを透明に報告する企業は、市場での競争力を高めるだけでなく、長期的な企業価値の向上にも寄与します。

以上のように、持続可能性とトレーサビリティは、企業と消費者の関係性に新しい側面をもたらしています。これは単なるトレンドではなく、新しいビジネス環境における基本的な価値観のシフトを反映しています。


トレーサビリティとは製品やサービスの全生涯を通じてその出所や流れを追跡可能にするシステムです。これは企業にとっても消費者にとっても多くの利点をもたらします。

品質と信頼性の確保、製造過程の透明性、そして持続可能な開発目標(SDGs)への貢献など、トレーサビリティは多面的にわたって重要な役割を果たしています。透明性とサステナビリティを高めることで、企業は競争力を強化し、消費者はより賢い選択ができるようになります。

このように、トレーサビリティは新しい形の信頼を築く鍵となっています

ロスゼロブログ一覧へ

この記事を書いた人

中川

環境開発学を専攻し、大学時代に交換留学で訪れた北欧でエコライフに目覚めました。帰国後、国内外のエコプロジェクトに参加し、サステナブルな食文化や食品ロス削減のヒントを発信しています。

監修者

文 美月

株式会社ロスゼロ 代表取締役
大学卒業後、金融機関・結婚・出産を経て2001年起業。ヘアアクセサリーECで約450万点を販売したのち、リユースにも注力。途上国10か国への寄贈、職業支援を行う。「もったいないものを活かす」リユース経験を活かし、2018年ロスゼロを開始。趣味は運動と長風呂。