ロスゼロブログ

カテゴリ一覧

【温暖化対策×経済成長】日本政府が目指すGXとは?

公開日: 更新日:2024.01.16
【温暖化対策×経済成長】日本政府が目指すGXとは?


地球温暖化と経済成長、この二つをどう両立させるかは現代の大きな課題です。

日本でも、2050年までに「カーボンニュートラル」を実現することが目標とされています。
しかし、カーボンニュートラルを実現するためには、産業や社会のあり方を大きく変革する必要があります。そこで、日本政府はGXの推進を掲げ、さまざまな施策を進めているのです。


GXとは何か

GX

GXの基本概念

GXとは、グリーン・トランスフォーメーション(Green Transformation)の略で、経済社会システム全体を脱炭素化の方向に転換し、持続可能な社会を実現するための変革を指します。簡単に言うと、環境問題と経済成長の両立を目指す新たな考え方です。
これは、地球温暖化などの環境問題に対応しながら、持続可能な社会経済システムへの移行を図ることを意味しています。

GXの基本概念は、以下の3つにまとめられます。

【脱炭素化】
温室効果ガスの排出量を削減し、最終的にゼロにする。

【経済成長】
脱炭素化を進めながら、経済成長を維持・向上させる。

【社会課題の解決】
脱炭素化と経済成長の実現を通じて、気候変動やエネルギー問題、環境汚染などの社会課題を解決する。

具体的には、再生可能エネルギーへのシフトや炭素排出の削減など、環境に配慮した経済活動の促進が含まれます。これらの取り組みにより、環境と経済の両面での持続可能性を実現しようとするもので、日本を含む世界各国が注目しています。


GXの目的と意義

GXの最大の目的は、地球温暖化の進行を抑え、持続可能な地球環境を保つことです。

GXの目的は、以下の2つです。

【地球温暖化対策】
地球温暖化を防止し、持続可能な地球環境を次世代に引き継ぐ。

【経済成長の維持・向上】
脱炭素化を進めながら、経済成長を維持・向上させ、国民の生活を豊かにする。

GXの意義は、以下の3つです。

【地球温暖化の防止】
地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出量を削減することで、地球温暖化の進行を抑制し、気候変動による災害のリスクを減らす。

【経済成長の維持・向上】
脱炭素化に必要な技術や産業が成長することで、新たな雇用や産業を創出し、経済成長を促進する。

【社会課題の解決】
脱炭素化と経済成長の実現を通じて、気候変動やエネルギー問題、環境汚染などの社会課題を解決し、持続可能な社会を実現する。

GXは国連の持続可能な開発目標(SDGs)とも密接に関連し、2030年までの環境目標達成に向けて重要な役割を担っています。
また、GXは経済成長の新たなモデルを提供します。
伝統的な産業構造から環境に優しい産業への転換は、新たなビジネスチャンスを生み出し、経済の活性化に寄与すると期待されています。

このように、GXは環境保護と経済発展を両立させるための重要なステップとされているのです。


カーボンニュートラルへの道

GXの具体的な取り組みとして、カーボンニュートラルの実現が挙げられます。

カーボンニュートラルとは、二酸化炭素(CO2)の排出量と吸収量を釣り合わせ、実質的なCO2排出をゼロにすることを目指す概念です。日本政府は、排出量削減と吸収量の増加の両輪で、2050年までにカーボンニュートラルを実現することを目標に掲げています。

GXを推進する上で、この目標達成は欠かせません。目標達成には再生可能エネルギーの導入拡大や省エネルギー技術の進展が鍵となります。

カーボンニュートラルを実現するためには、以下の二つのアプローチが考えられます。

【排出量削減】
化石燃料の使用を抑制し、再生可能エネルギーや省エネなどの取り組みを通じて、温室効果ガスの排出量を削減する。

【吸収量の増加】
森林の保全や、CCS(Carbon Capture and Storage)・CCU(Carbon Capture and Utilization)などの取り組みを通じて、温室効果ガスの吸収量を増やす。

具体的には、太陽光発電や風力発電の普及、エネルギー効率の高い家電製品への切り替えなどが進んでいます。
これらの取り組みを通じて、経済活動における炭素排出の削減を目指し、持続可能な未来への道を切り開いていくことが求められています。


GXのメリット・デメリット

GXのメリットデメリット

環境へのポジティブ影響

GXが目指す最も大きなメリットの一つは、環境へのポジティブな影響です。以下の三つがあげられます。

【地球温暖化の防止】
温室効果ガスの排出量を削減することで、地球温暖化の進行を抑制し、気候変動による災害のリスクを減らすことができる。
例えば、気象庁の試算によると、2050年にカーボンニュートラルを実現した場合、2100年の平均気温上昇幅は、実現しない場合と比べて0.8℃低くなるとされています。

【環境汚染の改善】
化石燃料の使用を抑制し、再生可能エネルギーや省エネなどの取り組みを通じて、大気や水質の汚染を改善することができる。
例えば、環境省の試算によると、2050年にカーボンニュートラルを実現した場合、2030年と比べて、PM2.5による大気汚染による死亡者数は、約30%減少するとされています。

【生物多様性の保全】
化石燃料の使用を抑制し、再生可能エネルギーや省エネなどの取り組みを通じて、温室効果ガスの排出量を削減することで、気候変動の影響から生物多様性を守ることができる。
例えば、国連環境計画(UNEP)によると、2050年にカーボンニュートラルを実現した場合、2010年と比べて、絶滅の危機に瀕する種の数は、約30%減少するとされています。

カーボンニュートラルを目指すGXの取り組みは、温室効果ガスの削減に直結し、地球温暖化の進行を遅らせる可能性を秘めています。実際、日本では再生可能エネルギーの割合を2030年までに22~24%に増やす計画があり、これが実現すれば、大気中のCO2濃度低下に寄与するでしょう。

こうした変化は、地球環境の改善に直接的に貢献すると期待されています。


経済成長の維持・向上

GXのもう一つの重要なメリットは、経済成長の維持と向上です。以下の二つがあげられます。

【新たな雇用や産業の創出】
脱炭素化に必要な技術や産業が成長することで、新たな雇用や産業を創出し、経済成長を促進することができる。
例えば、経済産業省の試算によると、2050年にカーボンニュートラルを実現した場合、2030年と比べて、再生可能エネルギー関連産業の国内生産額は、約3倍になるとされています。

【新たな市場の拡大】
脱炭素化技術や製品の輸出拡大を通じて、新たな市場を拡大することができる。
例えば、国際エネルギー機関(IEA)によると、2050年に世界全体の再生可能エネルギー関連投資額は、2020年と比べて、約10倍になるとされています。

伝統的な産業モデルから環境に配慮した新しいビジネスモデルへの移行は、新たな市場と雇用の創出を可能にします。
例えば、環境技術の開発や再生可能エネルギー関連の事業は、新しい経済の柱として期待されています。これにより、持続可能な経済システムの構築が進み、長期的には経済全体の成長に寄与する可能性があります。

GXによるグリーン投資の増加は、これらの分野に新たな活力をもたらし、経済全体の活性化に繋がると考えられています。


技術革新の必要性

GXを成功させるためには、以下の技術革新が不可欠です。これは、同時にGXの推進における大きなデメリットとしても挙げられます。

【再生可能エネルギーの普及】
太陽光や風力などの再生可能エネルギーのコスト低減や、安定供給の技術開発が求められる。

【省エネ技術の進展】
エネルギーの使用量を削減するための省エネ技術の開発が求められる。

【CCS・CCU技術の開発】
排出された温室効果ガスを回収・貯留・利用するためのCCS・CCU技術の開発が求められる。

温暖化対策と経済成長の両立には、エネルギー効率の高い技術や、CO2排出を低減する革新的な方法の開発が求められます。これらの技術開発には莫大な研究開発費と時間が必要であり、企業や政府にとって大きな負担となります。
しかしながら、これらの技術が実現されれば、環境改善だけでなく、新たなビジネスチャンスの創出にも繋がります。したがって、技術革新への投資は、長期的な視点で見れば、GXの成功への重要な鍵となるでしょう。


日本のGX戦略

GX戦略

政府の推進方針

日本政府は、2050年までにカーボンニュートラルを実現することを目標に掲げ、GXの実現に向けた取り組みを進めています。
日本政府が掲げるGXの推進方針は、地球温暖化対策と経済成長の両立に重点を置いています。

【脱炭素化の徹底】
再生可能エネルギーの普及や省エネの推進などにより、温室効果ガスの排出量を削減する。

【経済成長の維持・向上】
脱炭素化に必要な技術や産業の成長を促進し、新たな雇用や産業を創出する。

 【社会課題の解決】
脱炭素化と経済成長の実現を通じて、気候変動やエネルギー問題、環境汚染などの社会課題を解決する。

政府は、これらの方針を実現するために、以下の施策を実施しています。

【再生可能エネルギーの普及促進】
再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)の拡充や、洋上風力発電の導入促進など。

【省エネの推進】
省エネ法の改正や、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の普及促進など。

【技術開発の支援】
脱炭素化技術の研究開発に対する支援や、CCS・CCU技術の開発促進など。

日本政府は、炭素排出の削減を目指しながら、新しい環境技術の開発と普及を促進することで、グリーン経済への移行を加速することを目指しています。
政府は、再生可能エネルギーの導入拡大や省エネ技術の推進、環境に優しいビジネスモデルの支援など、様々な施策を打ち出しています。

これにより、持続可能な社会と経済の構築を目指しているのです。


GX推進法

GXの推進に向け、日本政府は2022年7月に「GX推進法」を成立させました。
GX推進法は、GXの推進に関する基本的な方針を定めるとともに、政府や地方公共団体、民間企業によるGXの推進に関する施策を推進するための法律です。この法律は、環境保護と経済成長を両立させるための具体的な枠組みを提供します。

GX推進法では、以下の施策が定められています。

【GX戦略の策定・実施】
政府は、GXの推進に関する基本的な方針を定めるとともに、GX戦略を策定し、実施する。

【GX推進計画の策定・実施】
地方公共団体は、GXの推進に関する計画を策定し、実施する。

【GX推進のための支援】
政府は、GXの推進に関する研究開発や普及啓発などを支援する。

これらの施策には、企業や自治体に対して、炭素排出削減や再生可能エネルギーの導入を奨励する内容が含まれています。また、政府はこの法律を通じて、GX関連の技術開発や事業展開に対する支援や補助金の提供も行っています。

このような施策を通じて、政府はGXの推進を強力に後押ししています。


2050年の目標と計画

日本政府は、2050年までにカーボンニュートラルを実現することを目標としています。2050年の目標を達成するためには、2030年度までに、温室効果ガスの排出量を2013年度比で46%削減する必要があります。

政府は、2030年度の目標達成に向けて、以下の計画を策定しています。

【再生可能エネルギーの導入拡大】
2030年度までに、再生可能エネルギーの電源構成比を36~38%に引き上げる。

【省エネの推進】
2030年度までに、エネルギー消費量を2013年度比で30%削減する。

【CCS・CCU技術の開発・導入】
2030年度までに、CCS・CCU技術の導入量を1,000万トンに引き上げる。

これに向けた具体的な計画には、CO2排出量の削減、再生可能エネルギーへの移行、省エネルギー技術の普及などが含まれています。また、中間目標を達成するために、各産業や地域に対する具体的なガイドラインも提供しています。
目標達成に向けて、政府、企業、市民が一体となって取り組む必要があるとされています。


GXと経済成長

新たな雇用

GXで実現する経済成長

GX、つまりグリーン・トランスフォーメーションは、新しい経済成長の道を切り開いています。この考え方は、環境を守りながらも経済を発展させることを目指しています。

GXを実現することで、以下の経済成長が期待できます。

【新たな雇用や産業の創出】
脱炭素化に必要な技術や産業が成長することは、新たな雇用や産業を創出し、経済成長を促進します。
例えば、経済産業省の試算によると、2050年にカーボンニュートラルを実現した場合、2030年と比べて、再生可能エネルギー関連産業の国内生産額は、約3倍になるとされています。

【新たな市場の拡大】
脱炭素化技術や製品の輸出拡大を通じて、新たな市場を拡大することができます。
例えば、国際エネルギー機関(IEA)によると、2050年に世界全体の再生可能エネルギー関連投資額は、2020年と比べて、約10倍になるとされています。

再生可能エネルギー産業の拡大や、省エネ技術の開発は新たなビジネスチャンスを生み出し、雇用の創出にも繋がります。さらに、環境に優しい製品やサービスへの需要の増加は、市場の多様化を促し、経済全体の活性化に貢献しています。

こうした動きは、持続可能な社会経済システムへの移行を加速させ、経済成長を実現する可能性を秘めています。


グリーン投資の機会

GXの実現には、大量の投資が必要となります。政府の投資に加えて、民間企業や金融機関などの投資も不可欠です。
政府は、GXを実現するための投資を促進するため、「グリーン成長戦略」を策定しています。GXの推進は、グリーン投資の大きな機会を生み出しているのです。

【再生可能エネルギーの導入】
太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーの導入拡大には、多額の投資が必要です。

【省エネ技術の開発・導入】
エネルギー消費量の削減には、省エネ技術の開発・導入が不可欠です。

【CCS・CCU技術の開発・導入】
排出された温室効果ガスを回収・貯留・利用するためのCCS・CCU技術の開発・導入には、巨額の投資が必要となります。

環境に配慮した事業や技術への投資は、今後の経済発展に欠かせない要素となっています。例えば、太陽光発電や風力発電などのクリーンエネルギー関連のプロジェクトへの投資は、新しい市場を創出し、長期的な収益の源泉となり得ます。

また、環境問題への関心の高まりに伴い、持続可能なビジネスモデルへの投資は、企業のブランド価値を高めるとともに、投資家にとっても魅力的な選択肢となっています。


GX推進の課題

GX推進

実現への障壁

GXを推進する上で直面する最大の障壁は、経済と環境のバランスを取ることの難しさです。

環境保護を最優先にした場合、特に化石燃料に依存している産業や地域の経済に大きな影響が出る恐れがあります。また、炭素排出の削減目標を達成するためには、政策の実施に伴う初期コストが高く、短期間での経済的な成果を期待することが難しいです。

【コスト増】
再生可能エネルギーや省エネ技術は、化石燃料に比べてコストが高い。
例えば、経済産業省の試算によると、2050年にカーボンニュートラルを実現した場合、2030年と比べて、再生可能エネルギー関連産業の国内生産額は、約3倍になるとされていますが、その一方で、再生可能エネルギーの導入コストは、2030年までに、2013年比で約50%削減する必要があるとされています。

【技術的課題】
再生可能エネルギーの安定供給や、CCS・CCU技術の開発など、技術的な課題が残されている。
例えば、太陽光発電や風力発電は、天候や日照条件によって発電量が変動するため、安定供給が課題となっています。また、CCS・CCU技術は、まだ実用化段階にあり、コストや安全性などの課題が残されています。

【社会的な理解の不足】
GXへの理解や協力が得られなければ、実現が困難となる。
例えば、再生可能エネルギーの導入には、景観への影響や、電力系統の安定化などの課題があります。これらの課題に対する理解や協力が得られなければ、再生可能エネルギーの導入が進まない可能性があります。

これらの要因は、GXの全面的な実施を遅らせる可能性があり、政策立案者や関係者にとって大きな課題となっています。


技術的課題

GXの推進には、高度な技術革新が不可欠です。特に、再生可能エネルギーの効率とコストの面での改善、炭素排出の削減を実現するための先進的な技術の開発が求められています。

【再生可能エネルギーの安定供給】
太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーは、天候や日照条件によって発電量が変動するため、安定供給が課題となっています。
この課題を解決するためには、蓄電池や、太陽光発電や風力発電と組み合わせて発電するバイオマス発電や地熱発電などの導入が進められています。

【CCS・CCU技術の開発】
CCS・CCU技術は、排出された温室効果ガスを回収・貯留・利用するための技術であり、GXの実現に不可欠な技術です。
しかし、CCS・CCU技術は、まだ実用化段階にあり、コストや安全性などの課題が残されています。これらの課題を解決するためには、政府や企業による研究開発の継続が求められます。

現在のところ、これらの技術はまだ完全には実用化されておらず、研究開発段階にあるものも多いです。そのため、実現可能な技術の開発と普及には、さらなる時間と投資が必要とされています。
技術的な挑戦は、GXの成功を左右する重要な要素となっています


社会的な理解の不足

GXの推進においては、社会全体の理解と支持が不可欠です。しかし、現状では、GXの目的や重要性、具体的な取り組みに関する認識が十分に広まっていないことが問題となっています。
特に、環境保護と経済成長の両立が可能であることや、個々人や企業が取り組むべき行動についての理解が不足しているため、必要な社会的な動きが生まれにくい状況です。

【景観への影響】
再生可能エネルギーの導入には、景観への影響が懸念されています。
例えば、太陽光発電パネルの設置や、風力発電の風車の設置などによって、景観が損なわれる可能性があります。

【電力系統の安定化】
再生可能エネルギーの導入拡大によって、電力系統の安定化が課題となります。
例えば、太陽光発電や風力発電は、天候や日照条件によって発電量が変動するため、電力系統の安定化のために、電力系統の再編や、蓄電池の導入などの対策が求められます。

これらの課題を解決するためには、政府や企業、国民一人ひとりの理解や協力が不可欠です。
GXの成功を目指すためには、広範な教育と啓発活動を通じて、社会全体の理解と協力を促進する必要があるのです。


持続可能な未来へ向けて

再生可能エネルギー

全体的な目標設定

持続可能な未来への道を切り開くためには、具体的かつ実現可能な全体的な目標設定が不可欠です。
日本政府は、2050年までにカーボンニュートラルを達成するという明確な目標を掲げています。

この目標に向けて、政府は段階的な具体的な中期目標も設定しています。
2030年までに2013年の水準に比べて温室効果ガスの排出量を46%削減し、その後の10年間でさらに削減を進め、2040年度までには2013年度比で80%の削減を目指しています。

これらの目標は、単なる数値目標に留まらず、持続可能な社会を構築するための具体的な行動計画や政策の方向性を示しています。

日本のこのような取り組みは、国内だけでなく世界的な気候変動対策においても重要な意味を持ちます。環境と経済のバランスを取りながら持続可能な発展を目指すこの戦略は、他国にとっても参考になるモデルとなり得ます。


社会システムの変革

持続可能な未来を実現するためには、社会システムの根本的な変革が必要です。
これには、エネルギー供給体系の再構築、交通や産業の持続可能なモデルへの転換、循環型社会の構築などが含まれます。

【再生可能エネルギーの普及に向けた制度改革】
再生可能エネルギーの導入コストを下げるために、固定価格買取制度(FIT)の見直しや、再エネ賦課金の削減などの制度改革が必要です。

【省エネを促進するための社会インフラの整備】
省エネを促進するために、省エネ住宅の普及や、公共交通機関の充実などの社会インフラの整備が必要です。

【CCS・CCU技術の開発・導入に向けた産業育成】
CCS・CCU技術の開発・導入を促進するために、産業育成や、研究開発への支援などの取り組みが必要です。

これらの取り組みを通じて、GXを実現するために必要な社会システムを構築していくことが重要です。


GXの未来像

GXの未来像は、環境と経済の調和が取れた社会です。これは、環境問題への対応と経済活動が共存し、相互に利益をもたらす状態を意味しています。

【地球温暖化の防止】
温室効果ガスの排出量を削減することで、地球温暖化の進行を抑制し、気候変動による災害のリスクを減らすことができます。

【環境汚染の改善】
化石燃料の使用を抑制し、再生可能エネルギーや省エネなどの取り組みを通じて、大気や水質の汚染を改善することができます。

【新たな雇用や産業の創出】
脱炭素化に必要な技術や産業が成長することで、新たな雇用や産業を創出することができます。

具体的には、クリーンエネルギーの普及、持続可能な製品やサービスの市場拡大、緑豊かな都市開発などが実現されることを目指しています。

このような未来像を描くことで、GXはただの政策ではなく、より良い未来への希望となり、市民、企業、政府が一体となって取り組む動機づけとなります。



GXは単なる政策ではなく、持続可能な未来への大きな一歩です

環境と経済の調和を目指すこの取り組みを通じて、私たちはより良い世界を築いていくことができます。
次世代に豊かな地球を残すために、今、私たち一人一人ができることを考え、行動することが、持続可能な未来を創る一歩となるのではないでしょうか。






ロスゼロブログ一覧へ

この記事を書いた人

中川

環境開発学を専攻し、大学時代に訪れた北欧でエコライフに目覚めました。帰国後、国内外のエコプロジェクトに参加し、サステナブルな食文化や食品ロス削減のヒントを発信しています。

監修者

文 美月

株式会社ロスゼロ 代表取締役
大学卒業後、金融機関・結婚・出産を経て2001年起業。ヘアアクセサリーECで約450万点を販売したのち、リユースにも注力。途上国10か国への寄贈、職業支援を行う。「もったいないものを活かす」リユース経験を活かし、2018年ロスゼロを開始。趣味は運動と長風呂。