ロスゼロブログ

カテゴリ一覧

なぜ10月16日は「世界食料デー」?

公開日: 更新日:2023.10.16
なぜ10月16日は「世界食料デー」?

「世界食料デー」の起源と歴史

みんなで食べる


制定の背景と歴史

10月16日は、国連食糧農業機関(FAO)の創設日であり、1945年に設立されたことを記念しています。
世界食料デーは1979年に制定され、10月16日はこの特別な日にちとして選ばれました。この日にちを通じて、世界中の人々は食糧と農業の重要性について考え、飢餓と栄養不良の問題を解決するための行動を促進することが期待されています。

世界食料デーの制定は、食糧危機と戦う全ての人々の努力を称え、食糧と農業の持続可能性に焦点を当てる機会を提供することを意図しています。

歴史的には、食糧不足や飢餓が戦争や自然災害などによって引き起こされてきたため、FAOの設立とともに国際的な協力を促進し、食糧問題の解決に向けた活動が始まりました。世界食料デーは、飢餓と栄養不良の問題を解決し、持続可能な食糧生産と消費を推進するための重要なプラットフォームとなっています


FAOと教育活動

FAOは、世界の食糧問題を解決するための国際的な組織として、教育活動を積極的に行っています
世界食料デーには、各国でFAOの支援を受けたイベントやキャンペーンが行われ、食糧の重要性や飢餓の問題、持続可能な食糧システムの必要性について広く伝えられます。

また、FAOは学校や地域社会での教育プログラムを支援し、子供たちや地域住民に食糧と農業に関する基本的な知識を提供しています。これにより、未来の世代が食糧問題を理解し、解決策を探求する能力を育むことが期待されています。


テーマと活動

世界食料デーは毎年特定のテーマを設けて食糧と農業に関する多くの側面を取り上げています。テーマは年々変わり、環境の保護、持続可能な農業の推進、食品ロスの削減、食糧の安全と品質など多くの重要なトピックに焦点を当ててきました。

例えば、2022年のテーマは「Our Actions Are Our Future: Better Production, Better Nutrition, a Better Environment, and a Better Life」で、持続可能な生産、良質な栄養、より良い環境、そしてより良い生活を追求するアクションを呼び掛けていました。

世界食料デーでは、各国や地域で様々な活動が展開されます。これには、食糧に関する展示やワークショップ、食糧の生産と配布に関連するプロジェクト、そして飢餓撲滅や持続可能な食糧システムに向けたキャンペーンなどが含まれます。
これらの活動は、世界の食糧問題に対する認識を深めるとともに、具体的な解決策の提案や実施を目的としています。

さまざまな活動を通じて、世界食料デーは食糧問題の解決に向けた国際的な協力と共同作業の重要性を広く訴え、人々に食糧問題解決への参加を呼びかけています。


世界食料デーの目的と重要性

豊富な食糧


主な目的

世界食料デーの主な目的は、飢餓と栄養不良の問題に対する世界中の人々の認識を高め、食糧安全保障と持続可能な食糧システムの重要性を強調することにあります。この日は、食糧と農業の問題に対する国際的な認識を高めるだけでなく、人々に食糧の重要性と持続可能な農業の必要性について深く考えさせる機会を提供します。

また、政策立案者や関係者に対して、食糧問題の解決に向けた努力を促進する重要な日となっています。各国や地域で、政策改善の提案、新しい技術や農業実践の普及、食糧の公正な分配に向けたイニシアティブが推進される機会ともなっています。


重要性

世界食料デーは、飢餓と栄養不良の根絶に向けた国際的な協力を促進する重要な役割を果たしています。栄養価の高い食糧へのアクセスは人々の健康を向上させ、生活の質を改善する基盤となります。

世界銀行のデータによれば、現状では約7億人以上が飢餓に苦しんでおり(出典:世界銀行、2020年)、この問題を解決するための国際的な協力が求められています。

世界食料デーは、このような食糧の課題に焦点を当て、国際社会全体での協力と共同作業を推進する重要なキャンペーンとなっています。
この日は、食糧問題に関連する国際政策やプログラムの見直しや改善、資源の分配や投資の増加を促進するプラットフォームともなっています。


解決への取り組み

世界食料デーは、飢餓と栄養不良の問題解決に向けた具体的なアクションを促進するプラットフォームとしても機能しています。

多くの国や地域で、この日に合わせて食糧供給の改善、持続可能な農業技術の推進、食糧ロスと食品廃棄の削減などに関するイベントやキャンペーンが行われます。これらの活動は、食糧問題の現状を理解し、それに対する解決策を考え行動する機会を提供しています。

さらに、この日は、農家、政策立案者、学者、民間団体、企業、一般市民が連携し、持続可能で公正な食糧システムを構築するための戦略と行動を共に議論し進める重要な機会となります。それぞれのアクターが連携し、知識と経験を共有することで、飢餓と栄養不良の問題を根本から解決する方向に向かうことができます。


世界食料デーに行われる主要な活動

SNS


SNSとハッシュタグ

世界食料デーにおいて、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)は重要な役割を果たしています。特定のハッシュタグ(例:#WorldFoodDay)を利用して、世界中の人々が食糧問題について議論し、自らの活動や経験を共有します。
例えば、2022年の世界食糧デーでは、「#WorldFoodDay」のハッシュタグが全世界で数百万回以上使われました。

これにより、多くの人々が食糧問題についての認識を高め、さらなる行動を促進します。また、国際的なNGOや政府機関もSNSを通じてキャンペーンを展開し、食糧問題に対する関心を高めるための情報提供や啓発活動を行います。


イベントと地域活動

世界各地で世界食料デーを記念し、多くのイベントや地域活動が行われます。

例えば、アフリカの一部地域では、地元の農産物を使用した料理のデモンストレーションや農業技術の展示が行われます。
また、アジアの国々では、地域の伝統的な食料生産方法や農業教育プログラムを紹介する活動が行われることがあります。
欧米の地域では、食糧配布イベントや農産物の直売市場などが開催され、地域社会と農家の連携を促進します。また、フードバンクへの寄付やボランティア活動も行われます。

これらの活動を通じて、地域の食糧問題や農業の重要性について学ぶ機会が提供され、地域社会での食糧問題解決に向けた行動を考える助けとなっています。


教育と啓発活動

世界食料デーには教育と啓発活動が重要な要素として含まれます。国連や各国の政府、NGOなどが関与し、学校やコミュニティでの食糧と農業に関する教育プログラムを提供します。

これにより、食糧問題の認識を高めるとともに、持続可能な農業や食糧システムに向けた行動を促進します。また、国内外の農業技術や食糧問題に関する知識を共有し、より広範な視野で食糧問題を考えるきっかけを提供します。

教育と啓発活動は、持続可能な食糧システムを構築するために必要な知識と意識を醸成する重要なプロセスとなっています。
さらに、国際的な協力と共有の精神を促進し、異なる背景や環境から来る人々が共に食糧問題解決に向けて努力する基盤を築くことを目指しています。


世界食料デーとSDGsの関連性

ゼロハンガー


SDGsの役割

世界食料デーは、持続可能な開発目標(SDGs)の目標2、すなわち「飢餓をゼロにし、食糧の安全を確保し、すべての人々に特に貧困層と脆弱な状況にある人々、幼児に対して栄養のある食事を提供し、持続可能な農業を促進する」に対して、明確な貢献を提供しています。

世界食料デーの活動は、飢餓の撲滅、持続可能な食糧生産の推進、そして農業技術の向上を含む多くの要素を通じて、この目標の達成に向けた意識を高め、具体的な行動を奨励します。


関連の深化

世界食料デーは、食糧と農業の重要性を強調することで、SDGsとの関連性を深化し、多くの関連する目標に対して貢献しています。食糧問題の解決は、貧困削減(目標1)、健康と福祉の向上(目標3)、および責任ある消費と生産(目標12)といった他の目標にも直接関連しています。

世界食料デーの活動とキャンペーンは、これらの目標との連携を強化し、飢餓と栄養不良の問題を解決することが、持続可能な開発の他の側面にどのように影響するかを明らかにしています。

 

生産の困難と理解の促進

世界食料デーは、食糧生産と供給の困難、食糧アクセスの問題、そしてそれらが持続可能な開発に与える影響についての理解を促進します。

食糧デーのキャンペーンや教育活動は、食糧生産の現状と課題、そして持続可能な食糧システムの重要性を強調し、人々がSDGsの目標に向けての行動をとるための知識と意識を提供します。さらに、持続可能な農業技術と食糧生産方法についての知識を共有することで、地域社会が飢餓と栄養不良を減らし、持続可能な食糧システムを構築する方法を理解し、実行する手助けをします。

さらに、国際的な協力と知識共有の重要性を強調することで、全世界の多様なステークホルダー間での連携と助け合いの精神を促進します。世界食料デーは、食糧と農業の問題が全体的な持続可能な開発のコンテキストでどのように位置づけられるかを明らかにし、多くの人々と組織がSDGsの目標達成に向けて連携する機会を提供します。


世界食料デーで学ぶ食料生産と今後

農業

食料生産の現状と課題

世界食料デーは食料生産の現状と課題に対する意識を高める重要な役割を果たしています。

人口の増加と気候変動の影響により、食料生産の重要性が増し続けています。FAO(国際連合食糧農業機関)によれば、2050年までに世界の食料生産は現状の1.5倍以上に増加する必要があるとされています(出典: FAO). これは、農業技術の進歩と持続可能な食料生産の推進を求める強いメッセージとなっています。

これに対処するためには、新しい農業技術の採用と、持続可能な食料生産方法への転換が必要不可欠となっています。これらの課題に対処することで、世界食料デーは飢餓を撲滅し、持続可能な食料生産と消費を実現する道を示す重要なプラットフォームとなります。


持続可能な農業と資源の枯渇

持続可能な農業は資源の効率的な利用を目指し、それにより食料生産の将来を確保することができます。世界食料デーは、資源の枯渇の問題に光を当てることで、持続可能な農業実践の必要性を訴えています

この日は、水資源の効率的な利用、土壌の健康、農薬や化学肥料の使用の削減など、資源管理の重要な側面を強調します。また、新しい農業技術の導入や循環農業の採用など、持続可能な農業実践の重要性を広める活動が行われます。


食品システムとプロセスの視野

食品システムは非常に複雑で相互に関連しており、世界食料デーはその全体的な視野を提供します。食料生産から消費、そして廃棄に至るまでのプロセスは、持続可能な実践を通じて劇的に改善することができます

食品ロスと廃棄物の削減は、食料の効率的な利用を促進し、地域の食料生産と消費の促進は、地域経済を支援し、持続可能な食料システムの構築に貢献します。さらに、食料の安全と栄養価の確保は、健康と福祉の向上に寄与し、持続可能な食料生産と消費の重要性を強調します。



世界食料デーは、食料生産と消費の持続可能な方法についての教育と意識向上の活動を通じて、これらの課題と機会に焦点を当てています。これは、持続可能な食料システムの構築と飢餓の撲滅のための集団的努力を促進するための基盤となります。



FAO駐日連絡事務所:2023年世界食料デーイベント「水は命の源、水は食の源、誰一人取り残さない」 

国連WFP:ごちそうさまチャレンジ2023




ロスゼロブログ一覧へ

この記事を書いた人

村上

サステナブルライターとして、SDGsや生活の知恵を発信しています。育児をしながら、子どもと一緒に地球に優しい生活を目指し中。趣味は料理と美術館巡り。

監修者

文 美月

株式会社ロスゼロ 代表取締役
大学卒業後、金融機関・結婚・出産を経て2001年起業。ヘアアクセサリーECで約450万点を販売したのち、リユースにも注力。途上国10か国への寄贈、職業支援を行う。「もったいないものを活かす」リユース経験を活かし、2018年ロスゼロを開始。趣味は運動と長風呂。