ロスゼロブログ

カテゴリ一覧

【江戸時代の生活の知恵】美容と身だしなみはどうしていた?

公開日: 更新日:2024.04.15
【江戸時代の生活の知恵】美容と身だしなみはどうしていた?
(このブログの一部画像はOpenAI社が開発する「DALLE3」を使用しています。)

江戸時代、独特の美意識と生活習慣が日常に息づいていました。
その時代の人々の日常に隠された美容や身だしなみの知恵は、今も私たちの生活に影響を与えているかもしれません。

歴史を振り返りながら、江戸時代の美容と健康の秘訣を紐解き、現代との共通点や違いを感じ取ってみましょう。


江戸時代の身だしなみ習慣

身だしなみ

 

武士と庶民の身だしなみの違い

江戸時代、身だしなみは階級によって大きく異なりました

武士は、その名の通り「武士道」を重んじ、見た目にもその誇りを表すことが求められました。そのため、武士は、毎日、丁寧に髪を整え、化粧を施し、着物を身につけていました。また、武士の髷は細かく分けられ、役職や地位に応じた形が存在しました。
髪型は、月代(さかやき)と髻(もとどり)が特徴で、場合によっては、白粉(おしろい)や眉墨(まゆずみ)で化粧をすることもありました。着物は、黒や紺などの落ち着いた色合いを好みました。

逆に、庶民の男性は日常生活を豊かにする工夫が身だしなみにも反映されていました。髪型は、短髪や丸坊主が一般的で、着物は、庶民的な色合いや柄の着物が好まれました。

庶民の女性は、彼女たちの多忙な日常を支える簡単な髷や、季節に応じた着物の選び方がポピュラーでした。また、手入れのしやすさや機能性を重視する傾向もありました。


着物と着付けの礼儀作法

江戸時代の着物は、現代のものとは異なり、生活の中心に位置していました。着物の着付けは、地域や階級によって、さまざまな方法がありました。そのため、どのように着るか、そしてその時の礼儀作法は非常に重要でした。
例えば、訪問時やお祭りなどの公の場では、正式な着物を着用し、適切な帯の結び方を心がけることが求められました。実際、18世紀の資料によれば、女性の間で流行した着付けの技術は50以上もあったと言われています。

【礼儀作法】
着物を着る前に、体を清潔にする。
着物を着るときは、丁寧に折りたたんで着付けをする。
着物を着るときは、裾を引きずらないようにする。
着物を着るときは、襟や裾を汚さないようにする。
着物を着るときは、足を大きく開かないようにする。

また、着物を着るときは、以下のようなものは避けるべきとされていました。
着物を着るときは、下着を着ない。
着物を着るときは、着物の裾を持ち上げない。
着物を着るときは、着物を汚さないようにする。
着物を着るときは、着物の裾を踏まないようにする。


男性の髭剃りと脱毛

江戸時代の男性も美容には気を使っていました

特に、武士や商人などの上層階級は、清潔感を保つための手間を惜しまない傾向がありました。
髭剃りはその代表例で、綺麗に整えられた顔立ちは信用や品格の象徴とされました。武士は、髭や口ひげを伸ばすと、武士としての品格を失うと考えられたため、毎日、髭剃りをしていました。
実際、当時の資料には、男性が髭を剃る方法や使用する道具についての詳細な記述が見られます。

男性は、主にVIOラインの脱毛を行っていました。これは、ふんどしを着用する際に、体毛が見えることがかっこ悪く、恥ずかしいと考えられていたためです。また、ムダ毛があると蒸れてかぶれやすくなるため、衛生面からも脱毛が推奨されていました。
腕や足の脱毛も流行しており、特に夏場は涼しさを求めて行われていたと言われています。

女性は、主に顔や腕、足などの脱毛を行っていました。これは、肌を美しく見せるためです。
また、当時は、体毛が多い女性は不潔だと考えられていたため、脱毛で体毛を減らすことで、清潔感をアピールしていました。


江戸時代の美容秘策

江戸時代の女性が化粧をするイメージ

 

化粧の主役 白粉と口紅

江戸時代、化粧の主役といえば「白粉」「口紅」でした。

特に女性たちの間で、美しい白い肌を求める風潮があり、白粉はそのための必需品として利用されていました。
白粉は、主に米や麦から作られることが多く、その純白さが肌を一層際立たせていました。白粉は、水で溶いて、顔全体に塗布しました。また、白粉は、肌を乾燥から守る効果もありました。

一方、口紅は、紅花や紅梅、胡粉などの天然素材をでつくられ、鮮やかな色を唇にもたらしていました。古文書によれば、当時の口紅は現代とは異なり、筆で塗布する形が一般的で、色の濃淡によって季節や場面を選んで使用されていました。

江戸時代の白粉や口紅は、現代の化粧品と比べて、天然素材で作られており、安全性が高かったと考えられます。
また、白粉や口紅は、江戸時代の女性の美意識を反映したものであり、現代にも通じる美しさがあります。


美容法としての薬用入浴

湯浴みは、日本の伝統的な文化の一つであり、それは美容にも深く関わっていました。

江戸時代、薬用入浴は美容法として非常に人気でした。湯には、薬草や柑橘類、海藻などを入れて、肌を柔らかくしたり、疲れを取る効果が期待されました。
特に、冬の乾燥する季節には、湯船に椿の油を数滴たらすことで、肌の保湿を図る工夫も行われていました。

資料によれば、薬用入浴は、体調を整えるだけでなく、美容効果も期待できるとして、多くの女性たちに実践されていました。
また皮膚病や婦人病などの治療に、ミョウバン湯や炭湯が用いられるなど、病気や怪我の治療にも用いられていました。


現代と共通のスキンケア

驚くかもしれませんが、江戸時代にも現代と共通するスキンケアが存在していました。

例えば、洗顔は、米のとぎ汁を使った方法が一般的で、肌を優しく洗浄するとともに、保湿効果も期待されていました。また、椿油や胡麻油を使用したマッサージも行われており、肌の潤いを保つための方法として重宝されていました。

資料によれば、これらのスキンケア方法は、現代の化粧品が普及する前の日本の美容法として、長らく多くの人々に実践されてきました。

江戸時代の美容は、現代の美容法と比べて天然素材を多く使用しており、安全性が高かったと考えられます。江戸時代の美容法は、現代の美容法の基礎となっていると言えのではないでしょうか。


江戸時代の髪型とアクセサリー

髪型

 

女性の髪型の流行

江戸時代の女性たちの髪型は、その時代の流行や生活様式に密接に関連していました。
江戸時代の女性の髪型は、髷(まげ)が特徴でした。髷は、頭頂部の髪を束ねて結ったものです。

髷は、女性の社会的な地位や年齢、既婚・未婚を示す重要な要素でした。
流行としては、時代や地域により様々な髷が存在していました。江戸時代初期には、丸髷(まるまげ)が流行しましたが、江戸時代中期になると、島田髷(しまだまげ)が流行し、江戸時代後期になると、総髪(そうはつ)が流行しました。

また、男性の月代に似た、額の生え際を薄く剃り(抜くこともあった)、それによって額を広く見せるスタイルもありました。このスタイルは、顔の形をより整え、美しく見せるための技法とされていました。

髪型は、その時代の社会的な背景や美意識、さらには技術的な進化によって影響を受けていました。また、髪型はその人の身分や生活状況を示す社会的なサインとしても機能していたのです。


髪の飾りとその文化背景

髪飾りは、江戸時代の女性たちの身だしなみの中でも特に華やかなアクセントとして愛されていました。これらの髪飾りは、季節や行事、さらには年齢や地位に応じて選ばれ、日常のコーディネートの中心として活躍していました。

髪飾りの種類は、非常に豊富でした。花や鳥をモチーフにした髪飾り、金や銀などの金属で作られた髪飾り、着物の柄と合わせた髪飾りなど、さまざまな髪飾りがありました。花を模したものや、繊細な金属製のアクセサリーは、女性たちの優美さや上品さを引き立てました。

髪飾りは、江戸時代の女性の文化の象徴でもありました。髪飾りを見れば、その女性の美意識や生活様式を垣間見ることができます。
江戸時代は平和な時代であったため、文化や芸術が栄え、これが髪飾りの多様性や豊かさにもつながったと考えられます。


武士の髪型とその意味

武士の髪型は、月代と髻(もとどり)が特徴でした。月代は、江戸時代の武士の象徴であり、髻は、武士の威厳を表すものでした。

月代の形は、武士の階級によって異なります。将軍や大名などの上級武士は、角月代、中級武士は、箱月代、下級武士は、丸月代を結びました。

髻の形も、武士の階級によって異なります。将軍や大名などの上級武士は、高髻(たかもとどり)を結び、中級武士は、中髻(なかもとどり)を結び、下級武士は、低髻(ひくもとどり)を結びました。

武士の髪型は、その生き様や価値観を反映するものでした。一般的には、前髪を切り揃え、頭頂部を剃って髷を結ぶ「丁髷」が主流でした。この髪型は、武士の誇りとしての「切腹」の際、首をはねやすくするための practicalityからきているとも言われています。

武士の髪型は、彼らの身分や地位、さらにはその人物の性格や信念を示すものでもありました。歴史的文献を見ると、武士たちが髪型にどれだけの意味を込めていたかが伺え、その深さに驚かされます。


美容と身だしなみと健康と

身だしなみ

 

洗顔とマッサージの健康法

江戸時代の人は、洗顔とマッサージを、美容だけでなく健康法としても行っていました

洗顔は、顔の皮脂や汚れを落とすだけでなく、血行を良くして、肌の健康を保つ効果があると考えられていました。
当時の洗顔料は、自然の材料を活用したものが多く、例えば、米のとぎ汁を使った洗顔が人気でした。この米のとぎ汁にはビタミンやミネラルが豊富で、肌を柔らかくし、潤いを保つ効果がありました。

またマッサージは血行を良くして、筋肉をほぐす効果があると考えられており、ストレス解消にも効果的であると考えられていました。さらに、顔をマッサージすることで、血行を良くし、肌のハリやつやを保つことができました。

これらの方法は、現代のスキンケアとは異なるものの、効果的な健康法として長く受け継がれています。


香水と美容の関係性

江戸時代にも、身だしなみとして香りを楽しむ文化が根付いていました。香水や香りの粉を使用して、身体を良い香りに包み込むことは、上品で洗練された女性の象徴でした。

実は、これらの香りにはリラックス効果リフレッシュ効果があり、メンタルの健康を保つ上での効果も期待されていました。また、香りを楽しむことで、五感を刺激し、美容だけでなく、心の健康にも良い影響をもたらすと言われています。

江戸時代の香水は、現代の香水とは異なり、香りが強く、長持ちするのが特徴です。また、香料は主に沈香、伽羅、白檀などの天然素材が使われており、自然の香りを楽しめるのも魅力です。「香り袋」と呼ばれ、中には香木や薬草が入れられていた袋で、衣服にも香りをつける習慣もありました。


歯磨きと健康

歯磨きは、身だしなみとしての意味合いだけでなく、健康を保つための大切な習慣として、江戸時代の人々にとって欠かせないものでした。歯石を取るために専門の「歯医者」も存在し、定期的に歯のケアを行っていました。
実際、江戸時代の文献や絵画には、歯を磨く姿がよく描かれています。

当時使用されていた歯磨き粉は、塩や炭を主成分としており、歯を白くする効果や歯石を予防する効果がありました。また、江戸時代の歯磨きは、歯ブラシではなく、「歯おし」という道具や、指・布を使って行われていました。

歯磨きを欠かさないことは、口臭を防ぐだけでなく、歯周病や虫歯を予防する効果があると考えられていました。また、江戸時代は公の場では、清潔を保つことは礼儀としての最低限のマナーとされていました。これらの予防は全身の健康を保つ上でも重要であり、この習慣が礼儀としての意味合いも持っていました。



江戸時代の人々の生活の知恵や美意識は、時代を超えて私たちの心に響きます。現代のテクノロジーや情報の波に飲まれる日々でも、過去の時代の智慧が示す原点や価値観は大切にしていきたいものです。

美容や健康へのアプローチが変わっても、心の中には常に人の美しさや健康を追い求める気持ちが宿っているのかもしれません。





ロスゼロブログ一覧へ

この記事を書いた人

中川

環境開発学を専攻し、大学時代に訪れた北欧でエコライフに目覚めました。帰国後、国内外のエコプロジェクトに参加し、サステナブルな食文化や食品ロス削減のヒントを発信しています。

監修者

文 美月

株式会社ロスゼロ 代表取締役
大学卒業後、金融機関・結婚・出産を経て2001年起業。ヘアアクセサリーECで約450万点を販売したのち、リユースにも注力。途上国10か国への寄贈、職業支援を行う。「もったいないものを活かす」リユース経験を活かし、2018年ロスゼロを開始。趣味は運動と長風呂。