ロスゼロブログ

カテゴリ一覧

魚の内臓はどうやって捨てる?環境に優しく臭いを抑える方法

公開日: 更新日:2023.08.23
魚の内臓はどうやって捨てる?環境に優しく臭いを抑える方法

 

魚の内臓の捨て方に困ったことはありませんか?

魚を料理する際の大きな課題の一つが、その後の内臓処理です。

それは臭いの問題だけでなく、適切に処理されない内臓が地域環境に悪影響を及ぼす可能性があります。

この記事では、魚の内臓を環境に優しく、かつ臭いを抑える効果的な方法を紹介します。

誰もが簡単に実践できる方法を通じて、快適なキッチンライフと持続可能な生活をサポートします。ぜひ参考にしてみてください。

 

魚の内臓の捨て方:一般的な手順

魚をさばいている

魚の内臓を安全に取り扱う方法

魚の内臓は扱いが難しいものですが、正しい知識を持つことで安全に処理することができます。

内臓を取り出すときには、まず魚を安定させるための適切なカットボードを用意し、滑らないように注意しましょう。

また、包丁は常に鋭利であることが重要です。

鋭利な包丁を使うことで、力を入れすぎずに内臓を綺麗に取り出すことができ、また事故を防ぐこともできます。

 

魚の内臓をゴミ袋に適切に詰める方法

魚の内臓は匂いが強いため、適切にゴミ袋に詰めることが重要です。

まず、内臓を包むための新聞紙やキッチンペーパーを用意しましょう。

これにより、ゴミ袋内で内臓が直接触れてしまうことを防ぎます。

さらに、ゴミ袋は二重にすることをおすすめします。

この方法で、臭いの拡散を抑えることができます。

 

魚の内臓を冷凍庫で冷凍する方法

魚の内臓を冷凍庫で冷凍する方法は、その臭いを効果的に抑える手段です。

具体的な手順は以下の通りです。

1.  魚の内臓を一つずつビニール袋に入れます。

2.  袋の口をしっかりと閉じてから冷凍庫に入れます。

これらのステップにより、臭いを閉じ込め、ゴミ収集日までの臭いを軽減することができます。

冷凍庫で凍らせることで、内臓が分解されにくくなり、臭いの発生も抑制されます。

 

臭いの元を解析:魚の内臓が臭う理由とは

臭う魚

魚の内臓がなぜ臭うのか:科学的解説

魚の内臓が特有の臭いを放つ理由は、主にその成分にあります。

魚の体にはアミン類や硫黄化合物など、臭いの原因となる物質が多く含まれています。

これらは魚が新鮮な状態では無臭または微香ですが、魚が死んで細胞が壊れると酵素の働きで急速に分解され、強い臭いを放つようになります。

また、魚の内臓は腐敗菌の繁殖しやすい環境であり、この菌が繁殖することにより不快な臭いが増強されます。

魚の内臓の臭いを理解する

我々が魚の内臓から感じる不快な臭いは、それが腐敗の進行を示すサインだからです。

腐敗とは、細菌や酵素の作用により生物が分解される過程のことを指し、この過程で多くのガスや有機酸が生成されます。

これらの化合物が我々の鼻に触れると、「臭い」として認識されます。

この理解は、魚の内臓を安全に取り扱い、適切に処理するために重要です。

魚の内臓の匂い対策:自然素材を利用した方法

コーヒーかす

自然素材を使用した魚の内臓の臭い対策

魚の内臓の臭い対策に自然素材を活用する方法があります。

たとえば、コーヒー豆や緑茶は消臭効果があるとされ、ゴミ袋に一緒に入れることで、臭いの拡散を抑えることが可能です。

また、竹炭も強力な消臭効果を持つため、魚の内臓と一緒にゴミ袋に入れると、効果的に臭いを軽減することができます。

魚の臭いの原因とその解決策

魚の臭いの主な原因は、魚が分解される際に生成されるトリメチルアミンという物質です。

これに対する解決策の一つとして、酢やレモンなどの酸性の液体で魚を洗う方法があります。

これにより、トリメチルアミンが中和され、臭いが軽減します。

また、冷蔵庫での保管時には、魚の内臓を取り出した後すぐに冷やすことで、臭いの発生を防ぐことができます。

生ゴミの臭いを抑えるエッセンシャルオイルの活用法

エッセンシャルオイルも魚の内臓の臭い対策に効果的です。

特に、レモングラスやティーツリー、ラベンダーなどのエッセンシャルオイルは強力な消臭効果があります。

これらのオイルをゴミ袋に数滴垂らすか、キッチンペーパーに染み込ませてゴミ袋に入れることで、生ゴミの臭いを抑えることができます。

しかし、エッセンシャルオイルは濃度が高いため、使用量には注意が必要です。

 

魚臭さを部屋に残さないプロの魚の内臓処理法

レストランの魚

プロが行う魚の内臓の処理法

レストランの厨房では、魚の内臓の処理がスピーディーに行われ、臭いが広がる前にすぐに処理されます。

プロのシェフは、包丁を正確に使い分け、魚の解体を短時間で完結させる技術を持っています。

内臓はすぐに密閉容器に入れられ、冷蔵庫で保管されます。

この処理の早さと丁寧さが、臭いを最小限に抑える秘訣です。

レストランの厨房で学ぶ臭い対策

プロの厨房で特筆すべきは、処理後の清掃です。

魚を解体した後のカウンターや道具は、すぐに洗剤で洗い、残留物や汚れを除去します。

これにより、魚の臭いが広がるのを防ぎます。

さらに、高温のスチームクリーニングや抗菌剤の使用により、厨房内の菌の繁殖を防ぎ、衛生環境を維持しています。

プロの技術を取り入れた家庭での魚の処理方法

家庭での魚の内臓処理もプロの方法を参考にすると効果的です。

まずは魚の解体をスムーズに行い、内臓を速やかにゴミ袋に入れて処理します。

また、包丁やまな板の清掃は直後に行うようにしましょう。

なるべく魚の臭いが広がらないよう、窓を開けて換気するのも有効です。

これらのプロの技術を取り入れることで、家庭でも魚の内臓処理による臭いを最小限に抑えることが可能です。

 

リサイクルの観点から見た魚の内臓の処理法

リサイクルマーク

魚の内臓をリサイクルする方法

魚の内臓はリサイクルに適した資源であり、適切に活用することで廃棄物の量を削減できます。

例えば、農業では肥料として使われることがあります。

古くから日本の農家では、魚の内臓を土壌に混ぜ込んで栄養源として利用しています。

これには二つのメリットがあります。

一つは、トリメチルアミンという魚の臭いの原因物質が、植物の成長を促進する効果があること。

もう一つは、魚の内臓が豊富に含む窒素、リン、カリウムが土壌の肥沃性を高めることです。

ゴミの量を減らすための魚の内臓の処理法

ゴミの量を減らすためには、魚の内臓を最大限に活用することが重要です。

例えば、食事のメニューに魚の内臓も使った「あら炊き」を加えることで、食べられる部分を増やし、ゴミを減らすことが可能です。

ただし、内臓を食べる際は、新鮮さと適切な調理が重要です。

エコフレンドリーな魚の処理法:コンポスト作り

コンポスト

自宅でのコンポスト作りは環境に優しいゴミ処理法であり、魚の内臓も有効な素材となります。

始めるには、まずコンポスト用の容器を準備します。

この容器には穴が開いていて、酸素を供給できるものが理想的です。

次に、茶色い素材(葉や新聞紙など)と緑色の素材(野菜のくずや魚の内臓など)を交互に積み重ねていきます。

この比率は茶色い素材と緑色の素材がおおよそ2:1となるようにします。

そして、定期的に混ぜて酸素を供給しつつ、約2~3ヶ月後には自然の肥料、コンポストが完成します。

(参照:生ごみ減量・堆肥化Q&A)

 

ロスゼロブログ一覧へ

この記事を書いた人

中川

環境開発学を専攻し、大学時代に交換留学で訪れた北欧でエコライフに目覚めました。帰国後、国内外のエコプロジェクトに参加し、サステナブルな食文化や食品ロス削減のヒントを発信しています。

監修者

文 美月

株式会社ロスゼロ 代表取締役
大学卒業後、金融機関・結婚・出産を経て2001年起業。ヘアアクセサリーECで約450万点を販売したのち、リユースにも注力。途上国10か国への寄贈、職業支援を行う。「もったいないものを活かす」リユース経験を活かし、2018年ロスゼロを開始。趣味は運動と長風呂。