ロスゼロブログ

カテゴリ一覧

ホールケーキって最高!選び方から楽しみ方まで、まるっとお教えします!

公開日: 更新日:2024.05.20
ホールケーキでお祝い

誕生日や記念日、クリスマスなど、特別な日を彩るホールケーキは、ワクワクする存在ですよね。
でも、いざ選ぶとなると、種類やサイズ、味、デコレーションなど、迷ってしまうことも多いのではないでしょうか?


そこでホールケーキ選びから、保存、リメイク、サステナブルな楽しみ方まで、ホールケーキに関するあらゆる情報を網羅したガイドをお届けします。


ホールケーキの基本知識

ホールケーキの種類

ホールケーキの種類

ホールケーキは、一つのケーキをまるごと一台で提供するケーキです。通常、直径約15センチ以上の大きな円形や角形です。ホールケーキは、その見た目の豪華さで特別な日にピッタリですね。

【ホールケーキの種類】
スポンジケーキ
バターや卵、砂糖、小麦粉などを主要な材料として使用し、ふわふわとした食感のケーキです。チョコレートを主材料として使用した、濃厚な味わいのチョコレートケーキやフルーツを主材料として使用した、甘くて爽やかな味わいが特徴のフルーツケーキなど、さまざまなフレーバーがあります。
チーズケーキ
クリームチーズや卵、砂糖などを主材料として使用し、しっとりとした食感でリッチな味わいが特徴のケーキです。焼きチーズケーキやレアチーズケーキなど、さまざまなバリエーションがあります。
アイスケーキ
アイスクリームを主材料として使用したケーキで、アイスクリームの層とスポンジケーキの層を交互に重ねて作られます。さまざまなフレーバーやトッピングが楽しめます。

これらは一般的なホールケーキの種類の一部で、他にもさまざまな種類やバリエーションが存在し、自分の好みや季節、特別なイベントに合わせて選ぶことができます。

ホールケーキは、一度に大勢の人々に提供できるため、パーティーや特別なイベントで人気があります。


ホールケーキとカットケーキの違い

ホールケーキとカットケーキの最大の違いは、提供される形状です。

ホールケーキは一つの大きなケーキなので、見た目のインパクトが大きく、華やかで、デコレーションにも凝ることが可能です。また、人数に合わせて切り分けることができるので、自宅やパーティーで切り分ける楽しみがあります。

一方、カットケーキはあらかじめ個別に切り分けられており、一人ひとりが好みのものを選んで楽しむことができます。手軽に購入することができ、さまざまな種類を少しずつ楽しむこともできます。またホールケーキよりも、保存が簡単です。


最高のホールケーキ選び

デコレーションケーキ

サイズと味

ホールケーキを選ぶ際には、サイズと味が重要です。

サイズ

サイズは、食べる人数や場の雰囲気に合わせて選びましょう。一般的には、1人当たり12~15cm角のケーキが目安です。

4号(直径約12cm):1~2人向け
5号(直径約15cm):3~4人向け
6号(直径約18cm):5~6人向け
7号(直径約21cm):7~8人向け
8号(直径約24cm):9~10人向け

例えば、6人であれば直径18cmのケーキが適切であり、10人以上であれば直径24cm以上を選ぶと良いでしょう。

味の選択

味の選択においては、参加者の好みや食事の内容、季節に合わせて、フレーバーを選びましょう。

定番:バニラ、チョコレート、チーズ、フルーツ
季節限定:イチゴ、メロン、モンブラン、レモン、桃、ブドウ、梨
変わり種:抹茶、ほうじ茶、黒糖、ラベンダー、ローズ

例えば食後に提供するケーキなら、重すぎず爽やかな味わいのものが好まれます。また、海外の方には和風のフレーバーも喜ばれます。

ホールケーキ選びは、これらの要素をバランス良く考慮することがイベント成功の鍵となります


見た目で選ぶデコレーション

ケーキのデコレーションは、その見た目でイベントの印象を大きく左右します。
デコレーションのスタイルには、クラシックなものからモダン、季節感を取り入れたものまで多岐にわたります。華やかで美味しそうなデコレーションを選ぶと、お祝いシーンがより盛り上がるでしょう。

 

フルーツ:いちご、メロン、キウイ、ブルーベリーなど
チョコレート:生チョコレート、チョコレートソース、チョコレート菓子など
クリーム:生クリーム、ホイップクリーム、バタークリームなど
その他:マカロン、クッキー、飴細工など

例えば、クリスマスには赤と緑のベリーを使ったデコレーションが季節感を出し、誕生日にはその人の好きな色やテーマを取り入れると特別感が増します。
ケーキのトップには、エディブルフラワーやチョコレートの彫刻など、細部にまでこだわると、視覚的にも楽しむことができ、写真映えもします。

デコレーションを選ぶ際には、目的と会場の雰囲気に合わせたスタイルを選ぶことが大切です。


目的に合わせたホールケーキ

ホールケーキを選ぶ際には、その目的に合ったケーキを選ぶことが大切です。

誕生日:数字のろうそくを立てて、年齢を表す
記念日:ハート型やメッセージ付きのケーキ
パーティー:華やかで大きいサイズのケーキ
子供向け:キャラクターや動物の形をしたケーキ


例えば、結婚式の二次会では豪華で華やかなケーキが求められることが多く、記念日や家族の集まりではより個人的な好みを反映したケーキが好まれます。企業イベントなどでは、ロゴ入りのカスタマイズが施されたプロフェッショナルなデザインが選ばれることが一般的です。

さらに、食べる人の年齢層を考えて、味の選択にも注意が必要です。子どもが多いイベントでは甘さ控えめのフルーツケーキやチョコレートケーキ、大人向けにはリッチなモンブランや濃厚なチーズケーキが喜ばれる傾向にあります。

目的に合わせたケーキを選ぶことで、イベントが一層盛り上がります


保存と解凍

ケーキは箱の中に入れて保存

正しい冷蔵保存法

ホールケーキは、購入後すぐに食べない場合は、冷蔵保存します。

【保存のポイント】
○ホールケーキは、ケーキ箱に入れたまま冷蔵庫に入れます。
○ケーキ箱がない場合は、ラップでしっかりと包みます。
○ケーキの上に重たいものを置かないようにします。
○冷蔵庫の温度は、4℃前後が最適です。

ホールケーキを冷蔵保存する際は、ケーキが乾燥しないように注意が必要です。一般的な方法は、ケーキを透明なプラスチックラップでしっかりと包み、冷蔵庫の冷気が直接当たらない場所に保管することです。

これによりケーキの風味と食感を最大3日間は保つことができます。ただし、生クリームやカスタードを多用しているケーキは、新鮮なうちに早めに食べましょう。
また、ケーキを食べる際には、常温に少し置いてから切り分けると、より一層その味わいを楽しむことができます。


ホールケーキの冷凍保存:長期保存のコツ

ホールケーキを長期保存したい場合は、冷凍保存がおすすめです。

【ポイント】
○ホールケーキを食べやすいサイズにカットし、それぞれをクリングフィルムでしっかりと包み、アルミホイルで覆います。
○包んだケーキを密閉可能なプラスチック容器や冷凍用保存袋に入れ、さらなる保護を施します。
○冷凍する日付とケーキの種類を記入したラベルを貼ることで、管理しやすくなります。
○ケーキを冷凍庫の中央に置くことで、温度変動を最小限に抑えます。ドアの近くは温度変動が激しいため避けましょう。 ○冷凍庫の温度は、-18℃以下が最適です。

しっかり密閉すれば、冷凍庫で最大3ヶ月まで保存可能です。

生クリームを使ったケーキやフルーツを使ったケーキは、冷凍保存すると風味が損なわれたり、食感が悪くなる場合があります


失敗しない解凍テクニック

ホールケーキの解凍は、その成功が美味しさを左右します

【ポイント】
○急激な温度変化を避け、冷蔵庫で8〜12時間かけて解凍します。
○解凍時もラップをしたままにしておくことで、乾燥を防ぎ、他の食品の匂いが移るのを防ぎます。
○解凍が終わった後は、常温で30分ほど置くことで、ケーキが本来の風味を取り戻します。
○必要な分だけ解凍しましょう。

冷凍されたケーキは、急激な温度変化を避け、冷蔵庫で8〜12時間かけて解凍するのが最適です。ゆっくり解凍することにより、ケーキ内部の水分が均等に広がり、食感が良好な状態に戻ります。
特にクリームやカスタードが含まれるケーキでは、解凍後に水分が分離しやすいため、この方法がおすすめです。

解凍後は、ケーキの食感が徐々に変わるため、新鮮なうちに食べましょう。
必要な分だけ解凍し、残りは冷凍庫に保管することで、繰り返し解凍することによる品質の低下を避けることができます。

これらのコツを守ることで、ホールケーキを美味しく解凍し、冷凍前の美味しさを極力保ちながら楽しむことができます。


切り方のコツと技

ケーキの切り方のコツ

崩れない美しいカット方法

せっかくのホールケーキ。崩さずに美しくカットしたいですよね。

【ポイント】
○ホールケーキを切る前に、冷蔵庫から出して常温に戻しておきます。
○切る前に、ナイフを温めておきます。
○力を入れずに、ゆっくりと切ります。
○人数分の大きなピースに切り分けます。場合によっては、大きなピースをさらに、一口サイズに切り分けます。
○ホールケーキをカットする際は、ケーキサーバーを使うと便利です。ケーキサーバーは、ケーキをすくいやすく、切り崩れを防ぐことができます。

ホールケーキを綺麗にカットするためには、まずナイフを湯で温めてから使用することがポイントです。温かいナイフはケーキのクリームやスポンジをスムーズに切り分けることができ、崩れを防ぎます。
カットする際は、ナイフをケーキの中心から外側へ一直線に押し下げるようにし、ゆっくりと引き上げることが重要です。この方法により、各ピースが均等な形で分けられ、見た目も美しく仕上がります。

また、カットのたびにナイフを温水で洗い、クリームをきれいに拭き取ることで、次も綺麗に切ることができます。


ナイフの選び方とカットのポイント

ホールケーキを切るナイフは、ケーキの種類によって選びましょう

スポンジケーキやチョコレートケーキなど、柔らかいケーキには、ギザギザのないナイフを使います。
チーズケーキなど、硬いケーキには、ギザギザのあるナイフを使います。

理想的なのは、長さがケーキの直径よりも長く、刃が細く、柔軟性のあるナイフです。このタイプのナイフは、ケーキ全体に均等な圧力を加えることができ、スポンジやデコレーションを傷つけることなくスムーズに切ることが可能です。

また、カットする際には、ナイフを垂直に保ちながら、ゆっくりとした動きで切り進めることが、崩れないポイントです。

ナイフが適切であればあるほど、最終的にケーキの美観を保つことができます。


カットとデコレーション

ケーキをカットする際には、そのデコレーションを考慮することも大切です。ホールケーキは、切り方次第で見た目も味も大きく変わります。

例えば、トップに大きなフルーツやチョコレートの飾りがある場合は、それらを均等に分配できるように計画的にカットする必要があります。カットする前に、デコレーションの配置を見て、どのように切れば各ピースに美しく配置されるかを考えましょう

また、デコレーションが豊富なケーキの場合は、少し大きめにピースを取ることで、各部分が見た目にも豪華に仕上がります。

このように、ホールケーキをカットする方法も、食べるまでケーキを美しく見せる大切な部分です。


ホールケーキの余韻を楽しむ方法

ケーキアレンジ|ティラミス

カット後の保存ポイント

ホールケーキを切り分けた後、残ってしまった場合は、残りのケーキを適切に保存しましょう。

カット後のホールケーキを保存する際は、まず乾燥を防ぐことが大切です。カット面が空気に触れることでケーキが乾燥しやすくなりますので、切り口をプラスチックラップで密封し、できるだけ空気との接触を避けるようにしてください。

ホールケーキの箱、または密閉できる容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。
冷蔵庫の温度を4℃に保つことが理想的で、しっかり密封した場合は、最大で3日間が目安です。

ただし、ケーキによっては風味が落ちる可能性もあるため、できるだけ早めに食べ切ることをお勧めします


余ったケーキの美味しいリメイク

余ったケーキはさまざまなアレンジでリメイクすることができます

○スポンジ部分:フレンチトーストやパフェに
○クリーム部分:ティラミスやムースに
○フルーツ部分:ジャムやコンポートに

--------------------

☆フルーツホールケーキのフレンチトースト

【材料】
ホールケーキの残り
卵、牛乳
バター

【作り方】
1.余ったホールケーキをスポンジ部分、フルーツ&クリームに分けます。
2.スポンジ部分を厚さ2cmくらいにスライスします。大きさは食べやすいサイズで。
3.砂糖と牛乳で卵液を作り、余ったケーキを両面浸します。
4.フライパンにバターを溶かし、両面を焼きます。
5.お皿に移して、フルーツとクリームをトッピングすれば完成です。

【ポイント】
ケーキのスポンジが甘いので、お砂糖は不要。 チョコケーキや他のケーキで作っても美味しいですよ。 トッピングは新鮮なフルーツやチョコレートなどをプラスしてもOK。

--------------------

☆ホールケーキのケーキポップス

【材料】
ホールケーキの残り
クリームチーズ
チョコレート

【作り方】
1.ホールケーキのスポンジ部分を小さくカットし、ボウルに入れる。
2.クリームチーズを室温に戻しておき、柔らかくなったらボウルに加えてよく混ぜる。
3.2を食べやすい大きさに分けて、ラップで包んで丸める。冷蔵庫で30分以上冷やす。
4.チョコレートを湯せんで溶かす。
5.3を溶かしたチョコレートにくぐらせる。
6.クッキングシートの上に並べ、チョコレートが固まるまで冷やす。

【ポイント】
チョコレートが固まらない場合は、冷蔵庫で冷やす時間を長めにしてください。
ケーキポップスは常温保存が可能です。

--------------------

☆ホールケーキのスムージー

【材料】
ホールケーキの残り
牛乳
ヨーグルト
フルーツ(ケーキの余りにフルーツがない場合)

【作り方】
1.ケーキの残りを適当なサイズにカットする。
2.ケーキ、牛乳、ヨーグルトをミキサーに入れる
3.滑らかになるまで攪拌する。

【ポイント】
ケーキの残りのフルーツやクリームだけを使ってもOK。
バナナなどの新鮮な果物をプラスすると一層美味しくいただけます。
ヨーグルトの種類はお好みのものを使用してください。

創造的なアイデアを加えることで、余ったケーキも無駄なく美味しく活用することが可能です。
ぜひトライしてみてください。



ホールケーキは、特別な日を彩るだけでなく、私たちに喜びや幸せを与えてくれます。
ホールケーキをもっと身近に感じ、最後まで美味しく、サステナブルに楽しめるようになっていただければ幸いです。

さあ、あなただけの最高のホールケーキを見つけて、笑顔あふれる時間を過ごしましょう!





同じカテゴリの他の記事はこちら

ロスゼロブログ一覧へ

この記事を書いた人

村上

サステナブルライターとして、SDGsや生活の知恵を発信しています。育児をしながら、子どもと一緒に地球に優しい生活を目指し中。趣味は料理と美術館巡り。

監修者

文 美月

株式会社ロスゼロ 代表取締役
大学卒業後、金融機関・結婚・出産を経て2001年起業。ヘアアクセサリーECで約450万点を販売したのち、リユースにも注力。途上国10か国への寄贈、職業支援を行う。「もったいないものを活かす」リユース経験を活かし、2018年ロスゼロを開始。趣味は運動と長風呂。