ロスゼロブログ

カテゴリ一覧

【人口減少】空飛ぶ助っ人!ドローンが繋ぐ持続可能な未来

公開日: 更新日:2024.05.08
【人口減少】空飛ぶ助っ人!ドローンが繋ぐ持続可能な未来

最近、夜空を彩るイルミネーションやイベント会場を優雅に飛び回るドローンを目にしたことはありませんか?

 しかし、ドローンの活躍はそれだけではありません

人手不足解消という大きな課題を抱える社会において、ドローンは救世主となる可能性を秘めています。物流、建設、農業、災害救助など、さまざまな分野でドローンは人々の負担を軽減し、効率化を実現しようとしています。

またドローンは、SDGs達成に向けた持続可能な未来への架け橋としても期待されているのです。

ドローン活用の現状

ドローンで作る光のショー

エンターテイメントと観光

ドローンは、従来のカメラでは撮影できなかったような迫力のある空撮映像を撮影することができます。これらの映像は、映画やテレビ番組、CMなどに活用され、視聴者に新たな視覚体験を提供しています。

例えば、ドローンを用いた光のショーは多くの観光客を引きつけるアトラクションとなり、特に夜間の観光活動の活性化に貢献しています。また、観光地の空撮によるプロモーションビデオは、従来にない視点からの魅力を伝えることができ、訪れる観光客の増加につながっています。

また、ドローンを使ったスポーツも人気を集めています。ドローンレースは、ドローンを操縦してコースを競う競技で、世界中で大会が開催されています。

このような活用は、地域経済の振興にも寄与しており、観光客の増加による直接的な収益向上が見込まれます。


点検作業で活躍

近年、少子高齢化による人手不足は深刻化しており、特にインフラ点検作業における人材不足は大きな課題となっています。

従来の点検作業は、高所作業や危険な作業が多く、専門知識を持った人材が必要でした。しかし、ドローンを活用すれば、人命を危険に晒すことなく、効率的に点検作業を行うことができます

例えば、橋梁点検では、ドローンに搭載されたカメラで橋脚や桁などの状態を撮影し、詳細な画像データを収集できます。このデータは、専門家が分析することで、肉眼では見落としてしまうような微細なひび割れや腐食なども発見することができます。

さらに、ドローンは従来の点検方法ではアクセスできなかった場所も容易に撮影できます。例えば、高層ビルの外壁やトンネル内部などの点検にも活用できます。


農業の効率化に貢献

ドローンは農業分野においても大きな効果を発揮しています。

農薬散布は、広範囲の農地を効率的に散布する必要があり、体力的な負担が大きいため、人手不足が深刻な課題となっています。ドローンを活用すれば、広範囲の農地に自動で農薬を散布することができ、人手不足解消と作業効率化を実現できます。実際に、ドローンを用いた農薬散布は、従来の方法よりも40%以上効率的であるとされています。

また、ドローンは広大な農地を短時間で観測し、作物の健康状態や成長具合をチェックできるため、農作物の生育状況を詳細に把握することができ、必要な場所に正確な量の水や肥料を供給する精密農業が可能となります。

さらに、ドローンは種まきや収穫作業にも活用できます。従来の作業方法に比べて、ドローンは作業時間を短縮し、コスト削減にも貢献できます。

この技術により、収穫量の増加と同時にコストの削減が可能で、農家の経済的負担が軽減されています。


災害救助の迅速化

災害発生時の初動対応は救助の成否を左右する重要な要素です。しかし、広範囲にわたる被害状況の把握や、被災者への物資輸送などは、人手不足や危険な作業環境などの課題があります。

ドローンはその迅速な展開能力により、災害地の状況把握や被災者の位置特定に大きく貢献しています
例えば地震や洪水後の救助活動において、ドローンによる空撮は、広範囲の被害状況を短時間で把握し、詳細な画像データを収集することができます。このデータは救助活動の計画立案や被災者情報の確認、救助隊の安全なルート確保と効率的な救助活動を可能にしています。この技術により、救助までの時間が平均30%短縮されていると報告されています。

また、ドローンは、孤立した地域への物資輸送や、被災者への情報伝達にも活用できます。従来のヘリコプターなどに比べ、低コストで機動性に優れているため、迅速な支援活動が可能です。

このように、ドローンは災害救助活動の迅速化と効率化に貢献できる技術であり、今後ますますその活用が進むことが期待されています


人手不足を補うドローンへの期待

ドローンで荷物を運ぶ

物流分野でのドローン活用

2024年問題で大きな注目を集めた物流分野の人手不足。物流分野におけるドローンの活用は、配送時間の短縮とコスト削減に大きく寄与しています

物流分野では、ラストワンマイルと呼ばれる、配送センターから消費者の手元に商品を届けるまでの作業は、人件費が高く、効率化が求められています。ドローンは、人手を介さずに商品を配送することができるため、配送時間短縮とコスト削減を実現できます
特に山間部や離島などのアクセスが困難な地域での小荷物配送に革命をもたらしており、配送にかかる時間を従来の半分以下に短縮しています。

ドローン配送は、都市部では交通渋滞に左右されることなく、確実に時間内に配送することが可能です。これにより、即日配送の需要が高まる中で、企業は顧客満足度を向上させつつ、運送コスト削減が可能になります。

ドローンは屋内でも活躍します。ドローンは、高度な作業の自動化、人が立ち入れない場所へのアクセス、24時間365日稼働といった能力を持ち、倉庫内作業の効率化に大きく貢献できます。

【具体的な活用例】
配送の自動化:センターから消費者の手元への配送(短距離配送)、アクセス困難地域での集荷・配送、時間指定・即日配送への対応
作業の自動化:ピッキング、パレット積み、搬送、検品、高所作業、危険物作業、夜間作業、繁忙期対応
緊急物資配送:自然災害が発生した際の緊急物資配送、救援活動支援


建設業界でのドローン活用

建設業界では、ドローンを用いて工事現場の監視や進捗管理を行うことが一般的になりつつあります

ドローンによる空撮データを活用することで、広範囲な現場の状況をリアルタイムで把握することができ、工事の進捗状況を正確に管理することが可能です。これにより、工期の

遅延リスクを減少させ、安全性を高めることができます。

さらに、高所作業や危険な作業は、人材不足が顕著であり、安全性の確保が課題となっています。ドローンは、これらの高所作業や危険な作業を代替することができ、人手不足解消と安全性の向上に貢献できます

【具体的な活用例】
点検作業:高層ビルの外壁や橋梁などの点検、人が立ち入れないような危険な場所の点検、詳細な画像データの収集による、損傷や劣化の早期発見
測量作業:広範囲の地形や地物の測量、従来の測量方法に比べ、時間とコストの削減、3Dデータ作成による、施工計画の精度向上
施工作業:高所への資材搬送、重機の遠隔操作、作業員の安全確保
写真撮影・動画撮影:現場の進捗状況の記録、俯瞰映像による、施工状況の確認、広報資料の作成


モニタリングでのドローンの活用

モニタリングとは、対象となるシステムや環境を継続的に観察し、状態や変化を収集、分析することです

環境モニタリングやセキュリティ監視におけるドローンの使用は、広範囲を迅速かつ継続的に監視する手段として注目されています
例えば、森林火災の初期発見や違法行為の監視にドローンが活用されることで、対応時間が大幅に短縮され、被害を最小限に抑えることが可能になります。また、工場や公共施設の夜間監視をドローンで行うことにより、従来の人間によるパトロールに比べて広範囲を効率的にカバーでき、安全性の向上と人件費の削減が達成されています。

【具体的な活用例】
太陽光発電所のモニタリング:パネルの異常や汚れの検知、発電量の低下原因の特定、定期的な点検作業の効率化
災害時の状況確認:被害状況の把握、被災者情報の収集、救援活動の支援
インフラ点検:橋梁や道路などの老朽化診断、災害リスクの評価、安全性の向上
森林管理:違法伐採の監視、森林の健康状態の把握、生物多様性の保全


ドローン運用の課題

ビルの上からの風景

ドローン飛行の法規制状況

ドローンの普及に伴い、その運用に関する法規制が国や地域ごとに整備されています。多くの国では、ドローンの飛行高度や飛行可能エリア、さらには飛行許可の必要性などを定めています。

【日本での規制】
航空法:200m以上の高さや人や物の上空を飛行する場合、国土交通省から許可が必要。人口密集地域や空港周辺での飛行、夜間飛行や目視外飛行には、特別な許可が必要
電波法:ドローンは電波を発信するため、総務省から免許が必要
個人情報保護法:ドローンで撮影した写真や動画には、個人情報が含まれる可能性があるため、適切な取り扱いが必要
その他:騒音規制、プライバシー侵害、危険物輸送

これらの規制は、安全性を確保し、航空交通との干渉を避け、プライバシーなどを保護するために設けられています。
しかし、法規制が複雑でわかりにくい、規制が厳しすぎてドローンの活用範囲が制限されている、規制の整備が追いついていないといった課題があります。

今後はドローン技術の進歩に合わせて、法規制も柔軟に改正し、また、関係省庁間での連携を強化し、規制の整合性を図る必要があります。また、国際的なルール作りにも積極的に貢献していく必要があるのではないでしょうか。


操縦資格と教育の必要性

ドローン操縦者には適切な資格と知識が求められます

多くの国で操縦資格の取得には、安全に関する知識や技能の証明が必要とされており、資格試験が実施されています。
ドローンの操作ミスが事故につながる可能性があるため、操縦者の教育と訓練はドローンを安全に利用する上で極めて重要です。

【日本での操縦資格】
2022年12月から、100g以上のドローンを飛行させるためには、操縦者試験に合格して、操縦資格を取得する必要がある
操縦者試験は、一等級、二等級、三等級に分かれており、ドローンの重量や飛行場所によって必要な等級が異なる

日本各地で操縦資格取得のための教習所が開設されています。操縦士は、ドローンの飛行に関する知識や技術だけでなく、法規制に関する知識も学ぶ必要があります。
しかし、教育の質がバラバラで、操縦者試験の合格率が低いという問題点があります。

今後、教育カリキュラムを標準化し、教育の質を向上させることが大切です。また、操縦者試験の内容を改定し、合格率を向上させることも必要でしょう。


安全基準と空の交通管制システム

ドローンの安全運用を確保するためには、高度な安全基準と効果的な空の交通管制システムが必要です。

現在、ドローンの製造、販売、使用に関する安全基準が定められており、安全基準は、ドローンの性能や飛行場所によって異なっています。しかし十分に整備されているとは言えず、安全基準の強化が必要とされています。

また、ドローンの増加に伴い、既存の航空交通管理システムへの影響が懸念されており、ドローン専用の交通管制システムの開発が進められています
UTM(Unmanned Traffic Management/無人航空機交通管理システム)と呼ばれるシステムは、ドローンの運航を安全かつ効率的に行うために必要な情報を一括で管理するシステムです。ドローン同士の衝突を防ぐだけでなく、有人航空機との安全な共存を目指しています。
UTMは世界各国で開発が進められており、実用化に向けた取り組みが活発化しています。日本では、国土交通省を中心に、UTMの研究開発や実証実験が進められています。


プライバシー保護とセキュリティ

ドローンで撮影した写真や動画には、個人情報が含まれる可能性があるため、プライバシーの侵害やセキュリティリスクが問題となっています
日本におけるドローン撮影に関するプライバシー保護とセキュリティ対策は、非常に厳格に管理されています。

【法的枠組み】
日本では、航空法をはじめとするいくつかの法律によってドローンの使用が規制されています。
特に重要なのは、ドローンを飛行させる際の飛行禁止区域の設定や、飛行許可の申請プロセスです。例えば、人口密集地域や空港の周辺での無許可の飛行は禁止されています。また、特定のセキュリティが要求される施設やイベントの周辺では、ドローンの飛行が厳しく制限されることがあります。

【プライバシー保護】
ドローン撮影では、地上の人々や建物などを撮影することが容易であり、個人のプライバシーを侵害する可能性があり、対策が必要です。
個人の住宅や私有地の上空をドローンで撮影する場合、事前の許可が必要とされています。また、撮影方法や編集方法を工夫し、顔や個人情報が特定できないようにする必要があります。
また、撮影された映像の取り扱いに関しても、個人のプライバシーを侵害しないよう厳格な規定があります。プライバシー侵害が疑われるケースでは、法的措置が取られることもあります。

【セキュリティ対策】
ドローンは、高度なカメラやセンサーを搭載しており、サイバー攻撃の標的となる可能性があります。テロや犯罪に利用されないよう、ドローンの利用にはセキュリティ対策も重要です。
最新のファームウェアを適用し、パスワードを設定するなど、機体のセキュリティ対策を徹底する必要があります。また、無線通信を暗号化し、傍受や改ざんを防ぐ必要があります。さらに撮影した映像やデータは、暗号化して保存し、不正アクセスを防ぐ必要があります。

【登録と識別】
日本では、一定の重量以上のドローンには登録が必須であり、ドローンとオペレータの情報が記録されている必要があります。これにより、不正な使用が発覚した際にオペレータを特定しやすくなります。


ドローン技術の課題と解決策

男性がドローンを空に掲げている

長距離飛行技術の開発

ドローンの活用範囲を拡大するためには、長距離飛行技術の向上が不可欠です。
現在、多くのドローンは限られたバッテリー容量のため、飛行距離と時間に制約があります。現状のドローンの飛行時間は、30分程度です。

【課題】
バッテリー容量の向上には限界があり、バッテリー技術の革新が必要
燃料電池は高価で重量が重いため、燃料電池の低価格化と軽量化が必要
無線給電技術は開発途上で、まだ実用化段階ではなく、早期の実用化が望まれる

現在、より効率的なバッテリーシステムや太陽光を利用したエネルギー補給技術が開発されています。たとえば、太陽光パネルを利用することで、ドローンは日中の飛行時間を延長し、さらに広範囲なエリアへのアクセスが可能になることが期待されています。


自動化技術の開発

ドローンの操縦は、高度な技術と経験が必要です。自動化技術の開発は、誰でも簡単にドローンを操縦できるようになるため、ドローンの運用効率と安全性を大きく向上させる鍵です。

【主な自動化技術】
自動飛行:プログラムされたルートに沿って自律的に飛行します。
障害物検知:障害物を検知し、衝突を回避しながら飛行します。
画像認識:撮影した画像や映像を分析し、物体や人物を認識します。

自動化技術により、ドローンはプログラムされたルートに沿って独立して飛行し、障害物回避や目的地でのタスク実行が可能になります。また、最新のAI技術を利用した自動飛行システムでは、リアルタイムで環境データを解析し、最適な飛行経路を瞬時に計算することができます。

これにより、誰もが簡単にドローンを操縦できるようになり、人間の操作ミスによる事故を減らし、より複雑な任務を安全に完遂することが期待されています


自然からの影響と対策

ドローンは自然環境の変化に弱い面があります。特に強風や悪天候は、ドローンの安定性や安全性に大きく影響します。
これを克服するために、天候耐性を高める設計や、先進的なセンサー技術を用いた環境適応システムが開発されています。

【自然環境変化への対策】
構造的改善:ドローンの物理的設計が強化されており、より堅固な材料を使用することで、高風速時でも機体が安定するよう工夫されています。
防水性能の強化:防水性の高い素材の使用や、電子部品を保護するための密封技術の開発がすすめられています。
風速センサー:ドローンに組み込まれた風速センサーがリアルタイムで風速と風向を測定し、これを基に飛行制御システムが即時に飛行姿勢を調整します。
自動調整システム:環境データに基づいて、自動的にプロペラの回転速度や角度を調整し、最適な飛行状態を維持します。

例えば、風速データをリアルタイムで分析し、飛行姿勢を自動で調整することで、風の影響を最小限に抑える技術が導入され始めています。

このような技術は、ドローンの用途をさらに広げることを可能にし、特に災害時の緊急運用などでその効果を発揮します。
天候耐性と環境適応能力の向上により、ドローンはより多くの環境での使用が現実のものとなり、その安全性と効率性が飛躍的に向上することが期待されています


ドローンの活躍する未来社会

ドローンを作っている

もし、今ドローンが抱えている問題が解決されたとしたら、私たちの生活はどの様になるのでしょうか。

都市と地域社会の変化

効率的な物流

地上交通の制約を受けない効率的な配送網が構築され、都市部における交通渋滞が大幅に減少されます。

ドローンによるピッキング、配送が一般化することで、居住地に関係なく、消費者は24時間365日、オンラインでの購入後、数時間以内に商品を受け取ることが可能になります。これにより、即時性が求められる商品のオンライン販売が拡大するでしょう。

またさまざまな業種でドローンデリバリーサービスが普及し、新たなビジネスモデルが生まれているかもしれません。


医療と公衆衛生

心臓発作や重大な怪我などの緊急時に、ドローンが自動的にAEDや医薬品を現場に届けることが可能になり、緊急医療サービスが向上するでしょう。

また、医療施設が遠い地域でも、ドローンを使って迅速に医療物資を送り、時には医師の指示に基づく治療がその場で行えるようになり、医療格差の解消が期待されます。


自然環境と農業

自然環境保護活動の強化

ドローンは、従来の調査方法では困難だった広範囲や危険な場所の調査・監視を可能にし、効率的なデータ収集と迅速な対応が可能になります。

【野生動物の調査・監視】
広大な森林や草原を効率的に調査し、野生動物の個体数や分布状況を把握することができます。それにより絶滅危惧種の保護活動や密猟の防止などの対策が迅速に行えるようになります。

【森林の調査・監視】
違法伐採の監視、森林火災の早期発見、病害虫被害の調査など森林の伐採状況や樹木の健康状態を把握し、森林管理に役立てることができます。

【海洋環境の調査】
海面や海底の様子を撮影し、海洋汚染やサンゴ礁の状態を把握することができます。また、違法操業の監視や海洋プラスチックゴミの回収により、海の環境保護に役立ちます。


農業

ドローン搭載のセンサーで農作物の生育状況を詳細に把握し、最適なタイミングで必要な処置を施すことができます。それにより、農薬や肥料の使用量を削減し、病害虫の早期発見・早期防除が可能となり、作物の収穫量増加が期待できます。

ドローンは広大な農地を効率的に監視することができます。イノシシやカラスなどの獣害対策、水不足や干ばつなどの被害状況の把握、違法投棄や不法伐採の監視しが可能となり、異常を早期発見することができます。

農薬散布や種まきなどの農作業が自動化され、農業従事者の負担が軽減します。また、自動化により安全性が向上し、人手不足でも生産性が向上することが期待されます。


安全安心な社会

安全性とプライバシーの保護

ドローンの飛行ルートや活動が厳密に管理され、不正利用やプライバシー侵害のリスクが最小限に抑えられるようになります。
また、法的な枠組みと技術的な対策により、個人のプライバシーが尊重され、安心してドローン技術を受け入れることができるようになります。

ドローンによる監視システムが普及し、不法侵入や犯罪行為の抑止、防犯や防災の質が向上します。


点検・管理

橋梁や送電線などのインフラ点検、風力発電機や太陽光発電所の点検、高層ビルの外壁点検広範囲にわたる水路の監視など、人間がアクセスするのが困難な場所、人命リスクを伴う高所や危険な場所の点検をドローンで行うことで、安全かつ効率的に点検することができます。

高解像度のカメラやセンサーを搭載したドローンで、従来の点検方法では得られなかった詳細なデータを収集することができます。それにより微細な亀裂や腐食などの早期発見が可能となります。また、点検コストが削減され、人的ミスの要因が減り、インフラの安全性が向上します。

山間部や離島などを含め、 広大なインフラを効率的に点検することができます。そのため、早期の問題発見と迅速な対応が可能となり、大規模な障害や事故の予防保全が図られます。


迅速な災害対応と復旧

ドローンは災害発生直後に被災状況を迅速かつ広範囲に把握することができます。孤立地域への被害状況確認、避難誘導の迅速化、救援活動の効率化が図られ、災害発生時への対応が迅速化します。

食料や医薬品などの緊急物資輸送、避難所への生活必需品の供給、被災者への支援物資の配布など、孤立地域や被災地への物資輸送を迅速かつ安全に行うことができます。

広大な山間部や海域、災害時の行方不明者などの捜索時には、広範囲を効率的に捜索することができ、生存者を迅速に発見することができます。また、避難者の救助においてもその機動力を発揮し、迅速な対応が可能となります。


ドローン技術が解決すべき課題を克服した未来社会では、これらの革新が日常生活のあらゆる面でポジティブな変化をもたらすとともに、人々の生活の質を向上させることが期待されます



空を飛び、人々の生活を支えるドローン。
今後、ドローン技術が更なる発展を遂げれば、私たちはより便利で効率的な社会を実現し、持続可能な未来を築くことができるでしょう。

ドローンは、私たちの未来を変える力を持っています。 未来をより良くするために、この革新的な技術の可能性を最大限に活用していきましょう。



国土交通省:無人航空機総合窓口サイト





同じカテゴリの他の記事はこちら

ロスゼロブログ一覧へ

この記事を書いた人

中川

環境開発学を専攻し、大学時代に訪れた北欧でエコライフに目覚めました。帰国後、国内外のエコプロジェクトに参加し、サステナブルな食文化や食品ロス削減のヒントを発信しています♪

監修者

文 美月

株式会社ロスゼロ 代表取締役
大学卒業後、金融機関・結婚・出産を経て2001年起業。ヘアアクセサリーECで約450万点を販売したのち、リユースにも注力。途上国10か国への寄贈、職業支援を行う。「もったいないものを活かす」リユース経験を活かし、2018年ロスゼロを開始。趣味は運動と長風呂。