ロスゼロブログ

カテゴリ一覧

【グルテンフリーを楽しく!】スーパーフード・黄えんどう豆で広がる食の可能性

公開日: 更新日:2024.05.29
【グルテンフリーを楽しく!】スーパーフード・黄えんどう豆で広がる食の可能性

緑の莢に包まれた小さな粒は、春の訪れを告げる愛らしい存在。それがえんどう豆です。

サヤごと食べるサヤエンドウ、甘み豊かなグリーンピース、シシリーピーなど、さまざまな種類があり、それぞれ異なる味わいを私たちに届けてくれます。
えんどう豆は、ビタミンCや食物繊維が豊富で、栄養価の高い食材として知られています。サラダやスープ、煮物など、様々な料理に活用でき、食卓に彩りを添えてくれます。

中でも近年、注目を集めているのが黄えんどう豆です。この黄えんどう豆は、その栄養価の高さから健康志向の人々に支持されており、小麦の代替品としてグルテンフリーの食品材料としても使用されています。

特徴と保存方法、利用方法など、スーパーフード「黄えんどう豆」の魅力を余すところなくご紹介します。


黄えんどう豆ってどんな豆?

黄えんどう豆

栄養満点!ヘルシーな成分と栄養素

近年注目を集めているスーパーフード「黄えんどう豆」はその名の通り、明るい黄色が特徴の豆類です。この豆が健康食品として注目されている理由は、豊富な栄養素とヘルシーな成分にあります。

【食物繊維が豊富で腸内環境を整える】
黄えんどう豆は、100gあたり約10gの食物繊維を含んでいます。これは、レタス約1個分に相当する量です。食物繊維は、腸内環境を整え、便秘解消や免疫力向上などに効果が期待できます。

【たんぱく質で美肌効果も期待】
黄えんどう豆は、植物性たんぱく質が豊富です。100gあたり約20gのたんぱく質を含み、これは牛肉の約半分に相当します。たんぱく質は、筋肉や皮膚、髪などの構成要素であり、美肌効果やアンチエイジング効果も期待できます。

【鉄分豊富で貧血予防にも】
黄えんどう豆は、100gあたり約5mgの鉄分を含んでいます。これは、ほうれん草の約2倍に相当する量です。鉄分は、貧血予防や疲労回復などに効果が期待できます。
その他にも、ビタミンB群やカリウム、カルシウムなど、さまざまな栄養素が含まれており、健康的な食生活をサポートします。
黄えんどう豆はベジタリアンやヴィーガンの方々にとっても、優れたタンパク質源として重宝されています。

 


世界で愛される種類豊富な黄えんどう豆

世界中で愛されている黄えんどう豆は、その多用途性で知られています。
インドではダルの基本食材として、中東ではフムスの原料として使用され、北欧ではスープやシチューの具として親しまれています。

黄えんどう豆はグルテンフリー製品の原材料としても重宝され、小麦粉の代替品としてパンやパスタに用いられています。また、植物ベースの肉代替品の開発にも利用され、高タンパクで低脂肪の特性からヴィーガンやベジタリアンの食生活を支えています。

栄養補強が必要な食品にも加えられ、特に発展途上国での栄養不足問題の解決に貢献。さらに、ローストしてスナックとしても楽しまれています。

これらの利用法から、黄えんどう豆は国際的に幅広い用途で愛用されており、その人気は今後も増すと予想されます。


日本でも注目度急上昇!黄えんどう豆の旬と産地

近年、日本でも黄えんどう豆の注目度が高まっています。その理由は、健康志向の高まりや、グルテンフリー食品への関心の増加などが挙げられます。

特に北海道や東北地方で、黄えんどう豆の栽培が盛んになっています。これらの地域の冷涼な気候は豆類の栽培に適しており、黄えんどう豆の生産量も増加しています。

旬は春先と秋で、この時期に収穫された豆は、皮が鮮やかで味が濃く、甘みと風味が強いと評価されています。

農家では持続可能な農業技術を取り入れ、高品質な黄えんどう豆の提供に努めています。国内外からの安定した供給もあり、健康志向の高まりやグルテンフリー食品への関心が増す中、日本の食文化にも根付き、多様なレシピで利用されるようになりました。


黄えんどう豆のパワーを体感!期待できる健康効果とは

グルテンフリー

糖質オフ!ダイエットの味方

黄えんどう豆は、低糖質の食材としてダイエット中の方にもおすすめの食材です。100グラム当たりの糖質量はわずか20グラムで、このうちの大部分が食物繊維であるため、実質的な糖質の摂取はさらに少なくなります。

【糖質が低い】
黄えんどう豆は、100gあたり約15gの糖質を含んでいます。これは、白米の約3分の1に相当する量です。糖質制限中の方でも、安心して黄えんどう豆を摂取することができます。

【食物繊維が豊富】
黄えんどう豆は、100gあたり約10gの食物繊維を含んでいます。これは、レタス約1個分に相当する量です。食物繊維は、満腹感を得られるため、ダイエット効果が期待できます。

【低カロリー】
黄えんどう豆は、100gあたり約80kcalと低カロリーです。ダイエット中の方でも、罪悪感なく黄えんどう豆を食事に取り入れることができます。

糖質制限を行っている方や、カロリー摂取を抑えたい方にとって、黄えんどう豆は満腹感を得ながら糖質の摂取を抑えることができる理想的な食材です。また、黄えんどう豆はゆっくりと消化されるため、血糖値の急激な上昇を防ぎ、長時間満腹感を保つ助けとなります


グルテンフリー!アレルギー対策にも

黄えんどう豆は、グルテンフリー食品としての特性を活かし、アレルギー対策にも有効な食材として注目されています。

黄えんどう豆はグルテンを含まないため、グルテンを摂取することによって腹痛、下痢、嘔吐などの症状が現れる人々にとって、安全な代替食材となり得ます。
黄えんどう豆はそのまま、または粉末状に加工されて、パン、パスタ、クッキー、ケーキなど様々な料理の基本素材として利用されます。これにより、グルテンフリーの食事を必要とする人でも、日常的に様々な料理を楽しむことが可能です。

さらに、黄えんどう豆には豊富な食物繊維、ビタミンB群、鉄分、タンパク質が含まれており、栄養価が高いため、全体的な健康維持に貢献します。

また、黄えんどう豆は一般的にアレルギー反応を引き起こすことが少ないため、特にナッツアレルギーや他の豆類に対するアレルギーがある人にとっても、良い代替食材になることがあります。ただし、個々のアレルギー反応は異なるため、新しい食材を試す際には注意が必要です


スーパーフードとしての健康効果

黄えんどう豆は、スーパーフードとして近年注目を集めています。その理由は、豊富な栄養素と健康効果です。

【生活習慣病予防】
黄えんどう豆に含まれる食物繊維は、コレステロール値や血糖値を下げる効果が期待できます。そのため、生活習慣病の予防に効果が期待できます。

【アンチエイジング】
黄えんどう豆に含まれるビタミンEは抗酸化作用があり、体の酸化ストレスを減らし、老化を抑制することでアンチエイジング効果が期待できます。また、慢性疾患の予防に役立つとされています。

【免疫力向上】
黄えんどう豆に含まれるビタミンCは、免疫力を高める効果が期待できます。そのため、風邪や感染症の予防に効果が期待できます。

【健康維持】
黄えんどう豆に含まれるマグネシウムやカリウムなどのミネラルが心血管系の健康を支える重要な役割を担っています。また鉄分、亜鉛、カルシウムなどのミネラルも含まれています。これらのミネラルは、骨の健康を支えたり、酵素の活動を助けたり、免疫機能のサポートなど、体のさまざまな機能を正常に保つのに役立ちます。

これらの栄養素が複合的に働くことで、黄えんどう豆は健康促進に大きく貢献しています。


黄えんどう豆の選び方・保存方法

冷凍庫での保管

新鮮な黄えんどう豆を見分けるポイント

旬の時期に収穫された新鮮な黄えんどう豆を選ぶことが、おいしく栄養価の高い黄えんどう豆を味わうポイントです。

全体

【粒の状態】
新鮮な黄えんどう豆は、粒がしっかりしていて、ふっくらしているものを選びましょう。粒が小さかったり、しわしわしていたりするものは、育ちが足りなかったり、乾燥している可能性があります。

【香り】
新鮮な黄えんどう豆は、特有の豆の香りがあります。異臭がしたり、カビ臭い匂いがしたりするものは、鮮度が落ちている可能性があります。

【豆の大きさ】
煮物やスープなどには、大きめの豆がおすすめです。サラダなどには、小さめの豆の方が食べやすいでしょう。


生のさや付き黄えんどう豆

【さやの色】
さやは鮮やかな緑色で、黄ばんだり、茶色がかったりしていないものを選びましょう。

【さやの質感】
さやはしっかりとしていて弾力があり、ピンと張っているものが良いです。しなびて軟らかすぎるものや硬すぎるものは避けましょう。

【斑点や傷】
表面に傷や斑点、カビがないことを確認します。損傷があると品質が劣る可能性が高くなります。

【全体の鮮度】
新鮮なさやからは軽く甘い香りがすることがあります。臭いが強すぎるものは避けましょう。


乾燥した殻付き黄えんどう豆

【殻の状態】
均一で健全な殻を持つ豆を選びます。殻にひび割れや穴がないことが重要です。

【カビや湿気】
殻にカビが生えていないこと、また湿気を帯びていないことを確認します。乾燥していてさらっとしているものが理想です。

【色と均一性】
殻の色が自然で均一なものを選びます。色が不均一であると品質が一定でない可能性があります。


選ぶときは、これらの特徴を一つ一つ確かめることが、質の高い黄えんどう豆を手に入れるコツです。


保存で長持ちさせるコツ

黄えんどう豆を保存する際には、適切な方法を実践することで、長持ちさせることができます。

生のさや付き黄えんどう豆の保存方法

【冷蔵保存】
生の黄えんどう豆は、さやが付いた状態で冷蔵庫の野菜室に保管します。できれば、通気性の良い袋やコンテナに入れて保存しましょう。新聞紙に包んで保存すると、湿度の調整ができ、鮮度を保ちやすくなります。
さやが乾燥しないように、軽く湿らせたキッチンペーパーを袋の中に入れると良いです。ただし、湿度が高すぎると腐りやすくなるため、適度に調整することが重要です。
生のえんどう豆は新鮮なうちに食べるのが一番です。購入後はできるだけ早く(2~3日以内に)使用するのが理想的です。

【冷凍保存】
生の黄えんどう豆の場合、さやから豆を取り出し、湯通しします。冷やした豆を取り出し、キッチンペーパーなどでしっかりと水気を拭き取ります。フリーザーバッグや密閉できる容器に入れて冷凍保存することができます。空気を抜いてから封をするとより良いです。また豆が一つ一つくっつかないように、平らなトレイに広げて一旦凍らせてから保存容器に移す方法もあります。
冷凍保存した黄えんどう豆は、一般的には最大で6ヶ月程度の保存が可能ですが、早めに使い切ることをお勧めします。
使用する際は、解凍せずにそのまま調理に利用することができます。これにより、食感が保たれると共に、調理時の利便性も向上します。


乾燥した殻付き黄えんどう豆の保存方法

【冷暗所での保存】
乾燥えんどう豆は、湿気と直射日光を避けるために冷暗所に保管することが適しています。密封できる容器やジップロックバッグに入れるとより良いでしょう。また、直射日光や高温を避け、涼しい場所で保存しましょう。

【湿気を避ける】
乾燥豆は湿気が大敵です。保存容器に乾燥剤を入れると、湿気を抑えて、カビや虫の発生を防ぐことができます。

【長期保存可能】
適切に保存された乾燥えんどう豆は、数ヶ月から1年程度持つことがあります。定期的に容器の状態をチェックし、湿気が入っていないか確認しましょう。


黄えんどう豆加工品の選び方

市販の黄えんどう豆加工品を選ぶ際は、成分表をよく確認することが重要です。

特に添加物の少ない製品を選ぶことで、黄えんどう豆本来の味と栄養を楽しむことができます。無添加またはオーガニックの商品は、余計な化学物質を避けたいと考えている方に特におすすめです。

また、製品によっては塩分や糖分が高めに加えられていることがあるため、これらの内容もチェックして選びましょう。健康を考えるならば、シンプルな成分の製品が最良です。


黄えんどう豆を活用してSDGsに貢献?

黄エンドウ豆を使ったスープ

黄えんどう豆加工品で健康生活

黄えんどう豆はその栄養価の高さから多くの加工品に利用されています。

【黄えんどう豆の缶詰・冷凍品】
缶詰の黄えんどう豆:調理済みで保存が効くため、スープやサラダ、カレーなどの料理に手軽に使えます。
冷凍の黄えんどう豆:茹でて冷凍されているため、新鮮な風味が保たれており、様々な料理に迅速に使用できます。

【黄えんどう豆のパウダー】
グルテンフリーのベーキング製品やスムージーの材料として利用され、パンやケーキ、パスタの製造にも使用されます。

【スナック】
ローストえんどう豆:塩味やスパイスが加えられ、健康的なスナックとして人気です。
えんどう豆チップス:えんどう豆粉をベースにしたスナックで、様々なフレーバーが楽しめます。

【ベビーフード】
栄養価が高く消化しやすいため、赤ちゃんの食事に適しています。

【植物性プロテイン製品】
えんどう豆プロテインを利用したヴィーガンやベジタリアン向けのミートアナログ(代替肉)があります。

これらの製品は、健康意識の高い消費者からの需要があり、さまざまな形で日常の食生活に取り入れることができます。特にグルテンフリーや植物ベースの食品を求める人々にとって、黄えんどう豆加工品は魅力的な選択肢です。


パンや麺類のグルテンフリー食材

黄えんどう豆は、グルテンフリーの食生活を送る人々にとって、パンや麺類の素晴らしい代替食材となります

黄えんどう豆の粉は、小麦粉の代わりに使用でき、風味豊かなパンやパスタが作れます。特に、ピザ生地やパスタに使用すると、もちもちとした食感とほんのり甘みを楽しむことができます。

また、黄えんどう豆の粉はビタミンとミネラルが豊富で、従来の小麦粉よりも栄養価が高いため、健康的な選択肢としても優れています。


スープやシチューなど煮込み料理に

黄えんどう豆は煮込み料理にも最適です。豆そのものをスープやシチューに加えることで、料理にコクとボリュームを加えることができます。
特に、ベジタリアンやビーガンの方々にとって、黄えんどう豆は良質なタンパク質源として価値があります。

また、これらの豆は味が染みやすく、じっくりと煮込むことでその味わいをより一層引き出すことが可能です。煮込み料理にすると、ホクホクとした食感になり、食べ応えもアップします。シチューに加えるときは、他の具材と同様に初めから煮込むと良いでしょう。


サラダや和え物など軽食にも

黄えんどう豆は、サラダや和え物といった軽食に加えることで、日々の食事に栄養と彩りをもたらします。

茹でた黄えんどう豆を冷製サラダに混ぜれば、食感のアクセントとして楽しめるだけでなく、食物繊維やタンパク質を手軽に摂取することができます。また、和え物にする際は、シンプルにオリーブオイルとレモン汁で味付けをし、フレッシュなハーブと組み合わせると、一層美味しくいただけます。

これらの豆は冷めても美味しいため、ピクニックや持ち寄りパーティーの料理としても重宝します。


黄えんどう豆は、栄養満点でヘルシーなだけでなく、グルテンフリーやダイエットにも活用できる、まさに食卓の救世主と言えるでしょう。

さらに、化学肥料や農薬をほとんど使わずに栽培できる黄えんどう豆は、水や土壌を守り、地球にも優しいスーパーフードです。

動物性原料の代替だけではなく、機能性資材としても期待されている黄えんどう豆
黄えんどう豆のパワーを存分に活かして、美味しく、楽しく、そしてサステナブルな食生活実現しませんか!









同じカテゴリの他の記事はこちら

ロスゼロブログ一覧へ

この記事を書いた人

中山

地球を愛する料理研究家であり、SDGsと食品ロスに情熱を傾けるライターです。食品ロス削減を通じて、環境保護と健康的な食生活の両立を促進し、持続可能な社会の実現を目指しています。趣味は家庭菜園。

監修者

文 美月

株式会社ロスゼロ 代表取締役
大学卒業後、金融機関・結婚・出産を経て2001年起業。ヘアアクセサリーECで約450万点を販売したのち、リユースにも注力。途上国10か国への寄贈、職業支援を行う。「もったいないものを活かす」リユース経験を活かし、2018年ロスゼロを開始。趣味は運動と長風呂。