ロスゼロブログ

カテゴリ一覧

豆腐の副産物!おからの廃棄量と活用方法

公開日: 更新日:2024.01.11
豆腐の副産物!おからの廃棄量と活用方法

おからは豆腐製造時にできる副産物でありながら、高い栄養価があります。

おからは大豆たんぱく質、食物繊維が豊富で、低カロリーながら満腹感を得られ、コレステロールの低下や腸内環境の改善に役立つとされています。

しかしそんなおからの現状は...? おから事情と活用法まで見ていきましょう。

おからの生産と廃棄量:日本の現状

豆腐とおから

 

豆腐製造とおからの発生:一体どれくらい?

おからは実は大豆原料の約10%を占めると言われています。

つまり、10キロの大豆から製造される豆腐や豆乳には1キロのおからが含まれているということです。

しかし、多くの場合、このおからは廃棄されるか、最良の場合でも飼料として使用されることが多いのが現状です。

日本でのおから廃棄の現状:問題点とは?

日本では年間約55万トンのおからが発生しており、その大部分が適切に利用されていないという事実があります。

ここで重要なのは、おからが単なる「廃棄物」ではなく、食物繊維やタンパク質など栄養価の高い食品であることを認識することです。

これらの有用な栄養素を損なうことなく、おからを適切に処理し活用する方法を見つけることが求められています。

おから処理の方法:業者と個人での違い

おからの処理方法には、業者と個人で大きな違いが見られます。

業者は大量のおからを扱うため、一般的には飼料として利用したり、エネルギー源として焼却することが主な処理方法です。

一方、個々の家庭では、おからを独自のレシピに取り入れることで食物繊維やタンパク質を含んだ栄養豊富な食材として利用しています。

更に、おからをコンポストとして自家製の肥料に活用する方法も見られます。

これらの取り組みが一般化され、広がることでおからの廃棄問題の解決につながると期待されています。

おからの副産物としての価値:栄養学的視点

健康な人

おからの栄養学的価値:健康への影響

おからは栄養学的に非常に価値があります。

特に高い食物繊維とタンパク質の含有量が特徴で、その数値は大豆の約10%にもなります。

食物繊維は腸内環境を整える効果があり、便秘予防やダイエットに役立ちます。

また、タンパク質は筋肉や骨、皮膚などの体組織の再生に必要な栄養素で、豊富に含まれています。

これらの栄養価から見ても、おからは健康維持に大いに貢献する食材だと言えます。

大豆由来食材の必要性:おからの位置付け

大豆とその由来食材は、日本の食文化に欠かせない存在です。

大豆は豊富なタンパク質を含み、お肉と並ぶタンパク質源として注目されています。

おからは大豆製品の副産物でありながら、栄養価が高いことから再評価の声が高まっています。

今後、タンパク質源としての大豆の需要が増す中で、おからの利用もまた重要となるでしょう。

おからの保存方法:食用としての活用

おからは水分を多く含むため、そのままでは保存が難しいという特性があります。

しかし、適切な方法で保存すれば、食用として長期間利用することができます。

たとえば、おからを乾燥させて保存すると、必要な時に水分を加えて再利用することが可能です。

また、おからを使った料理を作り、冷凍保存する方法もあります。

これらの方法で、おからの栄養を活かしながら食材としての利用範囲を広げることができます。

「食品業界でのおから活用:成功事例」

おからのお菓子

食品業界のおから活用事例:創意工夫を凝らした製品たち

おからの活用は食品業界でも進んでいます。

特に素晴らしい事例として挙げられるのが、おからを使ったパンやお菓子の製造です。

これらはおからの高い食物繊維を活かし、健康志向の消費者に受け入れられています。

また、おからを主成分とした健康飲料も市場に登場し、その新しい試みが注目を集めています。

これらの成功事例は、おからが有効利用される可能性を示す一方で、さらなる活用方法への発展を期待させます。

おからの販売戦略:食材としての魅力

おからは、その高い栄養価と豊富な食物繊維から健康食品としての魅力があります。

そのため、商品化する際の販売戦略としては、これらの特性を前面に出すことが重要となります。

また、おからが大豆製品の副産物であり、その利用が食品ロス削減に寄与するという点も強調すると良いでしょう。

これらの要素を活かした販売戦略は、おからの持つポテンシャルを最大限に引き出すことにつながります。

おからレシピ:料理への応用方法

おからの料理

おからを食材として活用:ヘルシーな料理レシピ

おからは、その豊富な食物繊維と低カロリーな特性からダイエットや健康志向の方におすすめの食材です。

例えば、おからをベースにしたヘルシーなハンバーグや、低糖質のパン、おからを混ぜ込んだ煮物など、さまざまなレシピが存在します。

おからは独特の風味が少なく、他の食材と混ぜやすいため、料理のアレンジにも幅が広がります。

乾燥おからの魅力:保存と料理の幅を広げる

おからは生鮮食品であるため、保存は難しい一面があります。

しかし、乾燥させることで長期間保存可能になり、料理の幅も広がります。

乾燥おからはそのままでは硬いため、水で戻してから料理に使用します。

また、そのまま粉末状にすることで、パンやお菓子の材料としても使えます。

これにより、おからの有効利用がより手軽になります。

食物繊維豊富なおから:ボリュームアップの秘訣

おからは100g当たり約6gの食物繊維を含んでいます。

これは一般的な野菜よりも多く、満腹感を得られることからダイエットにも適しています。

また、食物繊維は腸内環境を整える働きもあり、健康維持にも寄与します。

料理におからを加えることで、ボリュームを増やすだけでなく、栄養価も高めることができます。

おからのDIYプロジェクト:クラフトとアート

ペイントの道具

おからクラフトの方法:自宅でできるアート

おからは豆腐製造の副産物として知られていますが、その用途は食材だけにとどまりません。

おからを紙や塗料の原料として利用することで、自宅で楽しめるクラフトの素材にもなります。

例えば、乾燥させたおからを細かく砕き、のりと混ぜておから紙を作ることができます。

また、おからを煮詰めて作るおからペイントは、絵画や壁の塗装に利用可能です。

再生材料としてのおから:手作りの魅力

おからは再生可能な素材として、持続可能なライフスタイルを追求する上で魅力的な選択肢です。

例えば、おからを用いて作った紙やペイントは、一般的な工業製品と比べて環境負荷が低く、手作りの温もりが感じられるという利点があります。

さらに、自宅で作れるため、余ったおからを無駄なく活用し、ゴミの量を減らすことにもつながります。

DIYと環境:おから活用で廃棄物削減

自分で何かを作るDIYは楽しみながら、廃棄物を減らす一助にもなります。

とりわけおからを用いたDIYは、豆腐製造の副産物であるおからを有効に活用し、食品ロスを削減することにつながります。

また、おからを使ったアート作品を作ることで、自分自身の生活を豊かにするだけでなく、持続可能な社会への貢献にも繋がるでしょう。

おからのコンポスト:自家製肥料の作り方

コンポスト

おからを肥料にする方法:自然への恩返し

自宅で手軽にできる環境対策の一つに、おからをコンポスト(堆肥)にするという方法があります。

おからを分解させて土に戻すことで、食物のサイクルを閉じ、自然に恩返しができます。

おからのコンポストは、キッチンガーデンや植物の栽培に役立つ有機肥料として用いることができます。

作り方はシンプルで、おからを他の生ごみと混ぜ合わせ、適度に水分を調整しながら積み上げていくだけです。

自家製肥料の利点:おからを活用

おからを使った自家製肥料は、一般的な化学肥料と比較して数多くの利点があります。

第一に、おからは大量に手に入る容易い素材であり、そのリサイクルにより食品廃棄物の削減に繋がります。

また、おからから作られる肥料は有機物質が豊富で土壌の肥沃さを高め、植物の生育を助けます。

さらに、化学肥料に見られる土壌汚染のリスクが低いというのも大きな特長です。

おからを用いたスキンケア:ビューティー利用法

美容に気をつかう人

おからの美肌効果:スキンケアとしての活用

おからには美肌に効果的な成分が含まれています。

大豆イソフラボンは肌の弾力を保つコラーゲンの生成を助け、エイジングケアに寄与します。

また、大豆プロテインは肌のバリア機能を高め、肌荒れを防ぐ効果があります。

おからをスキンケアに活用する方法としては、おからパックが一般的です。

おからと水分を適度に混ぜ、顔全体に塗り広げてから、15分ほど置いた後に洗い流すだけです。

自然素材としてのおから:安心のスキンケア

おからは安全な自然素材のため、肌に負担をかけずにスキンケアができます。

化学物質に敏感な肌やアトピー肌でも、おからを使ったスキンケアは安心して行えます。

また、食品廃棄物であるおからを再利用することで環境負荷も減り、エコフレンドリーなスキンケア法と言えます。

このような自然素材によるケアは、化粧品に頼らずに肌本来の力を引き出すことに繋がります。

おからを活用したビューティーレシピ:家庭でできる

おからを活用したビューティーレシピの一つに、スクラブがあります。

おからの粗い食物繊維が古い角質を取り除き、肌を明るく滑らかにします。

作り方は簡単で、おからとオリーブオイル(または適当な保湿オイル)を混ぜるだけ。

これを風呂上りの清潔な肌に優しくマッサージすると、おからの自然な摩擦が肌の汚れを取り除き、滑らかな肌を手に入れることができます。

環境負荷軽減への一歩:おからの再利用がSDGs達成に貢献する方法

空と葉

おから再利用とSDGs:環境負荷軽減の役割

おからの再利用はSDGs(持続可能な開発目標)達成への重要な一歩と言えます。

具体的には、「目標12:持続可能な消費及び生産形態」に貢献します。

食品廃棄物の再利用は、物資の効率的な利用と無駄の削減を実現することが可能で、食品業界のサステナビリティを高める大きな手段となります。

おからを再利用することは、生産者だけでなく消費者も含めた社会全体の環境意識の向上につながるでしょう。

食品廃棄物削減と環境:おからの再利用がもたらす影響

食品廃棄物の削減は、温室効果ガスの排出量を大幅に抑制する手段です。

おからの再利用は、食品廃棄物全体の削減に貢献し、地球温暖化の防止につながります。

また、おからを地元で再利用することで、食材の輸送によるCO2排出量も減らすことが可能です。

これは、SDGsの「目標13:気候変動に具体的な対策を」への寄与となります。

おからの年間排出量と1%の目標:大きな変化への一歩

日本国内で年間に排出されるおからの量は約60万トンと推定されています。

そのうち1%、つまり6,000トンのおからが再利用されることで、年間で約3,000トンのCO2排出量を削減することが可能となります。

この数値は小さく見えますが、一つ一つの小さな行動が集まることで、大きな環境負荷軽減へとつながることを示しています。

私たち一人一人がおからの再利用を始めることで、SDGs達成への大きな一歩となり得るのです。

 

ロスゼロブログ一覧へ

この記事を書いた人

中山

地球を愛する料理研究家であり、SDGsと食品ロスに情熱を傾けるライターです。食品ロス削減を通じて、環境保護と健康的な食生活の両立を促進し、持続可能な社会の実現を目指しています。趣味は家庭菜園。

監修者

文 美月

株式会社ロスゼロ 代表取締役
大学卒業後、金融機関・結婚・出産を経て2001年起業。ヘアアクセサリーECで約450万点を販売したのち、リユースにも注力。途上国10か国への寄贈、職業支援を行う。「もったいないものを活かす」リユース経験を活かし、2018年ロスゼロを開始。趣味は運動と長風呂。