ロスゼロブログ

カテゴリ一覧

【酒粕の魅力を丸ごと紹介!】万能活用法で毎日をサステナブルに

公開日: 更新日:2024.02.16
【酒粕の魅力を丸ごと紹介!】万能活用法で毎日をサステナブルに

日本酒の貴重な副産物である酒粕の隠された魅力を、たっぷりご紹介します。

酒粕の豊かな歴史とその現代的な使い方を通じて、私たちの生活に新たな彩りを加えましょう。


日本酒の製造過程でできる栄養豊富な副産物

日本酒


日本酒の製造工程と酒粕のできる仕組み

日本酒の製造過程では、米、水、麹菌、酵母を使用してアルコール発酵を行います。
発酵過程で酵母が生成した酵素が米を分解し、でんぷんが糖に変換されます。
数週間~数ヶ月かけて発酵させ、この過程でアルコールと風味成分が生まれます。

発酵後に液体部分(日本酒)と固形部分を分離します。
酒粕は、日本酒を搾る際に残る固形物で、米の良質な栄養分を含み、特有の風味があります

 

酒粕に含まれる栄養素とその効能

酒粕は、タンパク質、ビタミンB群、必須アミノ酸、食物繊維、ミネラルなどの栄養素が豊富に含まれています。

これらの成分は、健康維持や美容に有効で、特にビタミンB群は代謝を促進し、肌や髪の健康に寄与します。

また、酒粕は発酵食品として、腸内環境を改善する善玉菌の増加や消化を助ける酵素を含んでいます。これにより、消化促進や免疫力向上の効果が期待されます。

 

酒粕に含まれるアルコールの量とその影響

酒粕に含まれるアルコール量は製造方法によって異なりますが、約8%のアルコールが含まれています。

加熱することで、ある程度のアルコールは飛ばすことができますが、完全にはなくなりません。

妊婦さんや未成年の方、運転をされる方は、摂取を控えるか、十分に加熱してから食べるようにしましょう。

 

酒粕の歴史と日本の食文化との関係

酒粕の歴史は古く、日本酒が生まれたとされる弥生時代から存在している可能性が高いと言われています。しかし、当時は現在の日本酒とは違い、酒粕も現在のものとは異なる味や風味であったと考えられます。

その後、時代とともに酒造技術が進歩し、酒粕も食用や薬用に利用されるようになりました。江戸時代には、医者が酒粕を滋養強壮薬としても活用されていました。また、酒粕は保存食としても重宝され、冬季に栄養を補給する重要な食材でした。

近年では、酒粕を使った化粧品や健康食品も開発されています。


酒粕の種類と特徴

酒粕


板粕とは?

板粕は、酒粕を圧搾して板状に固めたものです。

色は白から淡黄色で、厚さは1~2cm程度です。板粕は、酒粕のなかでも水分量が少なく、日持ちがします。

 

バラ粕とは?

バラ粕は、板粕のように固形ではなく、バラバラとした形状の酒粕です。

品質としては板粕と同じですが、板粕よりも柔らかく溶けやすいのが特徴です。

 

練り粕とは?

練り粕は、板粕やバラ粕を練り合わせてペースト状にした酒粕です。

この形状バラ粕よりもさらに溶けやすく、料理に使いやすいが良いのが特徴です。


酒粕の保存方法と期間

酒粕


酒粕の保存に適した温度と湿度

酒粕の保存には、適切な温度と湿度が重要です。

温度: 酒粕は冷暗所で保存するのがベストです。理想的な温度は約5℃以下。これは家庭用の冷蔵庫の温度設定とほぼ一致します。
この温度で保存することで、酒粕の風味が保たれ、カビの発生を防ぐことができます。
冷凍庫で保存する場合は、-18℃以下で保つようにします。冷凍庫で保存すると、長期保存が可能になります。

湿度: 湿度が高すぎるとカビが生えやすくなりますが、逆に低すぎると酒粕が乾燥して硬くなってしまいます。
適切な湿度は約60%から70%程度が望ましいです。

家庭での保存の際は、酒粕を密封容器に入れて冷蔵庫で保管するのがおすすめです。これにより、酒粕の品質を長期間保つことができます。


酒粕の保存におすすめの容器や袋

酒粕は空気に触れると乾燥しやすく、また他の食品の臭いを吸収しやすい性質があります。そのため、しっかりと密封することが大切です。

密閉容器:密閉できるプラスチック製またはガラス製の容器を使用するのが理想的です。容器を使用することで、酒粕を空気や湿気から守り、品質を保持することができます。

ジップロック袋: これは空気を抜いて密封することができ、酒粕の量に合わせて袋のサイズを変えることができます。また、袋は平らにして冷蔵庫に収納しやすいため、スペースを節約できます。

真空パック:真空パックにすることで、酒粕を空気や湿気から完全に隔離し、さらに長持ちさせることが可能です。

いずれの場合も、酒粕を保存する前に表面の水分を軽く拭き取ることをお勧めします。これにより、カビの発生を防ぐことができます。
また、使用前に酒粕を適度な大きさに分割し、必要量だけを取り出せるようにすると便利です。


酒粕の保存期間と鮮度の見分け方

酒粕の保存期間は、冷蔵で約1ヶ月から3ヶ月、冷凍であれば半年から1年程度が目安です。

酒粕の鮮度を見分けるには、色や香りが重要な指標となります。
新鮮な酒粕は白く、独特の甘い香りがありますが、古くなると色が黄ばみ、酸っぱい香りがする場合があります。

また、表面にカビが生えているかどうかもチェックし、カビがある場合は使用を避けるべきです。


掃除や美容パックなど、意外な使い方

酒粕で掃除


酒粕を使った掃除の方法と効果

酒粕を使った掃除は、自然な洗浄剤としての効果を発揮します。
酒粕に含まれる酵素が汚れを分解し、特に油汚れの除去に効果的です。

使用方法は、酒粕を水で薄めてペースト状にし、汚れた箇所に塗布後、しばらく放置します。
その後、スポンジや布で拭き取ると、汚れが落ちやすくなります。

この自然派掃除法は、化学洗剤に頼りたくない場合に特におすすめです。


酒粕を使った美容パックの効果と方法

酒粕を使った美容パックは、肌の保湿や栄養補給に優れた効果があります。
酒粕に含まれるアミノ酸やビタミンが、肌の潤いを保ち、透明感を与えます。

使用方法は、酒粕を水または豆乳で溶いて顔に塗り、約10分間放置した後に洗い流すだけです。

このパックは、自然な成分で肌をいたわりながら美容効果を得ることができるため、敏感肌の方にも適しています。


定番からスイーツまで、酒粕レシピ

魚の粕漬


飲み物や汁物

酒粕を使った代表的な飲み物は甘酒です。
甘酒の作り方は簡単で、酒粕を温めた水や豆乳で溶かし、甘みを調整するだけ。
この際、酒粕はよく溶けるように丁寧に練り合わせることがコツです。

また、粕汁も人気で、酒粕を基にしたダシに野菜や魚介を加えることで、コク深い味わいの汁物が楽しめます。
粕汁作りのポイントは、酒粕とダシのバランスを見ながら味を調整することです。

近年は、洋風の飲み物や汁物なども人気があります。

酒粕スムージーは 酒粕をフルーツ、ヨーグルト、牛乳や豆乳と一緒にミキサーにかけたスムージーです。栄養豊富で健康的な朝食や間食に最適です。

野菜や鶏肉、豆腐などを使ったスープに、酒粕を溶かし入れることで、コク深い味わいの酒粕スープになります。寒い季節にぴったりの温かい一品です。

 酒粕を少量のお湯で溶かしてから、ホットミルクを加えた酒粕ラテは、カフェラテのような感覚で楽しめ、酒粕の風味が新しい味わいを生み出します。


人気のおかずやおつまみ

酒粕を使ったおかずやおつまみは、その独特な風味が料理の味わいを豊かにします。

粕漬けはその最たる例で、魚や肉を酒粕に漬け込むことで、風味豊かな一品に。
漬け込む際のコツは、酒粕を適量塗り、十分に時間をかけて味を染み込ませることです。

また、酒粕を使ったクリームチーズのディップは、酒粕のコクとチーズのクリーミーさが絶妙にマッチし、パンや野菜スティックに合います。

酒粕、酢、オリーブオイル、砂糖、塩などを混ぜ合わせた酒粕ドレッシング、酒粕、マヨネーズ、砂糖、塩などを混ぜ合わせた酒粕マヨネーズは、サラダや炒め物、各種料理に活用できます。


おいしいスイーツ

酒粕はスイーツにも応用でき、独特の風味が新しい味わいを生み出します。

例えば、酒粕を使ったパウンドケーキは、濃厚で深い味わいが特徴です。
この際、酒粕はよく練ってクリーム状にし、他の材料と均一に混ざるようにすることが重要です。

また、酒粕を加えたチーズケーキもおすすめで、酒粕特有の風味がチーズの味わいを引き立てます。

生地に酒粕を加えた酒粕クッキーは、サクサクとした食感と、ほんのりとした酒粕の風味が楽しめます。

酒粕を牛乳や生クリーム、砂糖と共に混ぜ、プリンに仕上げた酒粕プリンは、酒粕の風味がプリンの優しい甘さと絶妙にマッチし、独特の味わいを楽しむことができます。

スイーツ作りでは、酒粕の量を調整し、他の材料とのバランスを考慮することがコツです。

美味しく酒粕を楽しんでみましょう。



酒粕は、美容と健康に役立つだけでなく、サステナブルな食材でもあります。
ぜひ、毎日の食卓に取り入れて、美しく、健康に、そして地球にやさしい暮らしを実現しましょう。




同じカテゴリの他の記事はこちら

ロスゼロブログ一覧へ

この記事を書いた人

村上

サステナブルライターとして、SDGsや生活の知恵を発信しています。育児をしながら、子どもと一緒に地球に優しい生活を目指し中。趣味は料理と美術館巡り。

監修者

文 美月

株式会社ロスゼロ 代表取締役
大学卒業後、金融機関・結婚・出産を経て2001年起業。ヘアアクセサリーECで約450万点を販売したのち、リユースにも注力。途上国10か国への寄贈、職業支援を行う。「もったいないものを活かす」リユース経験を活かし、2018年ロスゼロを開始。趣味は運動と長風呂。