ロスゼロブログ

カテゴリ一覧

食品ロスを削減して、美味しく節約生活を送るコツ

公開日: 更新日:2024.06.17
食品ロスを削減して、美味しく節約生活を送るコツ

毎日家計をやりくりするのは大変ですよね。特に食費は家計の中で大きな割合を占めるので、少しでも節約したいと思っている方も多いのではないでしょうか?

そんな方におすすめなのが、食品ロス削減です。

食品ロスを減らすことで、食費を節約し、地球環境にも貢献することができます
家計簿の活用から始まり、計画的な買い出し、効率的な食品保存、そしてコストパフォーマンスの高いレシピまで、実践的なアイデアをご紹介します。

ぜひ、この機会に食卓を見直し、よりサステナブルな生活を目指しましょう。


家計を見直そう! 把握から始める節約習慣

 

家計簿

家計簿で把握! お金の流れを可視化

急激な物価上昇による食費高騰が家計を直撃しています
食費高騰を乗り切るためには、まず家計の現状を把握することが重要です。家計簿をつけ、お金の流れを可視化することで、無駄遣いを減らし、節約できるポイントを見つけることができます。

日々の出費を記録することで、どのような項目にどれくらいのお金を使っているのかを把握することができます。家計簿アプリやノートなどを活用し、食費、日用品費、通信費など、主要な項目ごとに記録しましょう。

【家計簿のつけ方】
記録する項目を決める:食費、日用品費、通信費、光熱費、交際費、交通費など、主要な項目をすべて記録しましょう。
記録する頻度:毎日記録するのが理想ですが、最初は週に1回でも構いません。続けられるペースで記録することが大切です。
記録方法:家計簿アプリやノートなど、自分に合った方法で記録しましょう。

【家計簿を活用してできること】
無駄遣いを減らす:家計簿を見直すことで、無駄な出費に気づき、減らすことができます。
節約できるポイントを見つける:食費、日用品費など、それぞれの項目で節約できるポイントを見つけることができます。
将来の資金計画を立てる:家計簿の記録に基づいて、将来の資金計画を立てることができます。

日本では食費が家計支出の約25%を占めている家庭が多く、この部分を効果的に管理することが節約への第一歩となります。


家庭内消費の削減方法

食費だけではありません。家庭内での消費を見直すことによって、無駄遣いを減らし、無理なく節約を実現することができるのです。日々の生活の中で意識的に消費を管理することにより、家計に余裕をもたらすことができます。

【光熱費】
電力会社やガス会社を乗り換える:電力会社やガス会社によって料金プランが異なるため、複数の会社を比較して、自分に合ったプランを選ぶことが重要です。
省エネ家電に買い替える:古い家電は、新しい家電と比べて電気やガスを多く消費します。省エネ家電に買い替えることで、光熱費を節約することができます。
節水・節電を意識する:こまめに消灯したり、エアコンの設定温度を見直したりするなど、節水・節電を意識することで、光熱費を節約することができます。
不要な照明の消灯、節水シャワーヘッドの導入、エコモードを活用した家電の使用など、簡単な工夫で消費を抑えることが可能です。特に、家族全員が節電や節水の意識を持つことで、効果は大きくなります

【通信費】
携帯電話代やインターネット料金も、毎月の出費がかさみます。
格安SIMに乗り換える:格安SIMは、大手キャリアよりも料金が安いことが多いです。格安SIMに乗り換えることで、通信費を大幅に節約することができます。
データ通信量を減らす:データ通信量を使いすぎていないか確認しましょう。データ通信量を減らすことで、料金プランを下げられる可能性があります。
不要なオプションを解約する:自分が利用していないオプションは解約しましょう。

【保険料】
保険料は、将来への備えとして大切なものです。
しかし、加入している保険の内容を見直すことで、保険料を節約できる場合があります。複数の保険会社を比較して、自分に合った保険を選ぶことが重要です。

【娯楽費】
自宅で映画を見る、公園や博物館の無料日に出かけるなど、コストを抑えた娯楽を楽しむことが節約につながります。
また、使用頻度の低い定額制サービスは解約することで、無駄な出費を削減できます。

【交通費】
車の使用を控え、バスや電車などの公共交通機関を利用することで、ガソリン代や駐車料金を節約できます。また、近距離は自転車や徒歩で移動することで、健康にも良く経済的です。

【日用品など】
日用品や衣服の購入についても、本当に必要かどうかを考えてから買うようにしましょう。特に衣服に関しては、流行に左右されず長く使える品質の良いものを選ぶことが、長期的な節約につながります。
また、衣服はセール時に購入したり、必要なものがあれば中古品を選ぶことも一つの手です。

【教育関連費】
地域の公共施設や図書館で行われる無料または低価格の教育プログラムを利用しましょう。
また、習い事は子どもの興味と将来性を考え、無駄がないよう計画的に選ぶことが節約につながります。


賢い食材選びで節約!

節約を心がける上で、食材選びは非常に重要です。

旬の食材を選ぶ:旬の食材は栄養価が高く、価格も比較的安価です。
特売品を活用する:スーパーの特売品を積極的に活用しましょう。
冷凍食品や缶詰も活用する:冷凍食品や缶詰は、保存がきいて、必要なときにすぐに使うことができます。
まとめ買いをする:頻繁に買い物に行くよりも、まとめ買いをすることで、交通費や時間節約につながります。

市場やスーパーでの値引き商品を活用することはもちろん、旬の食材を選ぶことでコストパフォーマンスの高い食事を実現できます。旬の食材はその時期に最も豊富に収穫されるため価格が下がりやすく、栄養価も高いとされています。

さらに、食品ロスを減らすためにも、購入した食材は計画的に使い切ることが大切です。


計画的買い出しで無駄を減らす

 

買い物リスト

買い物リストでコスト管理

買い物に行く前にリストを作成することは、節約の鍵です。必要なものだけをリストに書き出し、そのリストに忠実に買い物をすることで、衝動買いを防ぎます。

【買い物リスト作成のポイント】
献立に基づいて作成する:1週間分の献立を決め、必要な食材をリストアップしましょう。
冷蔵庫の在庫を確認する:すでに冷蔵庫にある食材をリストから除きましょう。
調味料も忘れずに:調味料もリストに含めましょう。
数量を具体的に書く:必要な量を具体的に書くことで、買いすぎを防ぎます。

【買い物リストの活用方法】
買い物リストを見ながら買い物をする:買い物リストを見ながら買い物をすることで、必要なものだけを購入することができます。
スマホアプリを活用する:買い物リストをスマホアプリで管理することで、いつでもどこでも確認することができます。

買い物リストを利用しない場合、不必要な商品を購入する確率が50%以上高まると言われています。
この方法は、食品ロスを減らすだけでなく、月間の食費にも大きな差が出るため、効率的な家計管理には欠かせませんね。


冷蔵庫チェックで買い忘れを防ぐ!

買い物に出かける前には、冷蔵庫と食品棚の中身を確認しましょう。
何が足りなくて、何がまだ余っているのかを把握することで、重複購入を避けることができます。また、食品が賞味期限切れになる前に消費する計画も立てやすくなります。

冷蔵庫をパンパンに詰め込むと、冷気が循環しにくくなり、電気代が無駄になるだけでなく、食品の傷みも早くなります。冷蔵庫を整理することで、見落としがちな食材を見つけ出し、それを活用することが可能です。

ちょっとした意識で、省エネと食品ロス削減を実現できます。

【冷蔵庫チェックのポイント】
賞味期限・消費期限を確認する:賞味期限・消費期限が近い食材がないかをチェックしましょう。
必要な量を確認する:すでに冷蔵庫にある食材の量を確認し、買い足す必要があるかを判断しましょう。
使い道のない食材がないかをチェックする:使い道のない食材がないかをチェックし、あった場合は処分しましょう。


【食品ロスを減らすための買い物術】家庭でできることから取り組もう!
食品ロスは、環境問題や経済問題、食料安全保障問題など、さまざまな問題を引き起こしています。食品ロスを減らすことは、地球環境を守り、食料を無駄にせず、食料安全保障を向上させるために重要です。私たちひとりひとりが気をつけることにより、食品ロスは削減できるのです。

SDGs

詳しく見る


効果的なスーパー利用術

スーパーマーケットを利用する際には、セールや割引きを活用しましょう。多くのスーパーでは、日によって特定の商品が割引になることがあります。また、閉店間際には生鮮食品が割引されることが一般的です。

これらの情報を事前に調べておくことで、計画的に購入し、食費を節約することが可能です。経済的な買い物を心がけることで、質の高い食生活を送りつつ家計を守ることができます

【スーパー利用術のポイント】
特売品や割引商品を活用する:特売品や割引商品は、お得に買い物ができるチャンスです。
ポイント制度を利用する:多くのスーパーでポイント制度が導入されています。ポイントを貯めて、商品券や割引券に交換しましょう。
アプリクーポンを活用する:多くのスーパーでアプリクーポンを発行しています。アプリクーポンを活用することで、さらに割引価格で購入することができます。
プライベートブランド商品を選ぶ:スーパーのプライベートブランド商品は、品質が良く、価格も比較的安価です。


冷凍・冷蔵・常温 適した保存で食品ロスを減らし、賢く使い切る

 

賞味期限

賞味期限チェックで無駄を減らす!

食品表示ラベルに賞味期限・消費期限が記載されています。賞味期限を定期的にチェックすることで、食品の無駄を効果的に減らすことができます

賞味期限:表示された期限内にであれば、品質が変わらず食べられる期限です。
消費期限:表示された期限内に食べないと、品質が劣化し、健康被害を起こす可能性がある期限です。

賞味期限が近づいている食材を優先的に使う計画を立てましょう。これにより、賞味期限切れで食品を廃棄することが減り、家計にも優しいです。

日本では年間約643万トンの食品が廃棄されており、これを減らすためにも賞味期限の管理は重要な対策となります。
冷蔵庫や食品棚を整理し、期限の短いものを前に出す習慣をつけることをお勧めします。


消費期限と賞味期限の違いって?正しく知って、おいしく消費!
食品は品質保持のため、さまざまな期限が設けられています。消費期限や賞味期限といった表記を目にすることは日常的でしょう。このブログでは、食品期限についての知識を深め、適切な食品管理を通じて食品廃棄を減らす手助けをすることを目指します。法的根拠から家庭での具体的な対策まで、幅広くご紹介します。

生活の知恵

詳しく見る


食品保存テクニックの活用

食品を適切に保存することで、長持ちさせることができます。食材の種類や状態によって、適切な保存方法があります。

野菜の保存方法

葉野菜:濡らしたキッチンペーパーで包んで、ビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。
根菜類:新聞紙で包んで、風通しの良い場所で保存します。
きのこ類:新聞紙で包んで、冷蔵庫の野菜室で保存します。


【野菜の保存方法を種類別で紹介】長持ちさせるコツとテクニック
新鮮な野菜はおいしいだけでなく、健康的な生活を送るための重要な要素です。しかし、野菜の鮮度を長持ちさせるのは難しいと感じている方も多いのではないでしょうか?野菜の保存方法は野菜の種類によって異なります。野菜ごとに効果的な保存方法でで新鮮さを保つために詳細について説明をしていきます。

生活の知恵

詳しく見る


果物の保存方法

バナナ:常温で保存します。
リンゴ:新聞紙で包んで、冷蔵庫の野菜室で保存します。
イチゴ:ヘタを取らずに、洗わずに冷蔵庫の野菜室で保存します。


【アボカドの食べ頃】色・硬さ・ヘタ! 失敗しない選び方から保存まで
アボカドは、健康志向の人やおしゃれな料理を好む人に人気の果物です。クリーミーな食感と豊かな風味が魅力で、サラダやスムージー、和え物など、さまざまな料理に活用できます。アボカドは、完熟すると食べ頃を迎えます。しかし、完熟しているかどうかを見分けるのは、意外と難しいものです。そこでアボカドを最大限に楽しむための秘訣をお伝えします。

生活の知恵

詳しく見る


肉類の保存方法

生の肉:ラップで包んで、冷蔵庫のチルド室で保存します。
冷凍肉:冷凍庫で保存します。


【冷凍肉】賞味期限と美味しさを保つ解凍テクニック!簡単レシピ付き!!
大量買いしたお肉、どう保存すればいい?今回は、家庭で簡単に実践できる冷凍・解凍のコツをご紹介します。お肉の賞味期限を延ばし、いつでも美味しく食べられるようにするためのポイントをまとめました。賢く冷凍することで、節約にもつながりますよ。

生活の知恵

詳しく見る


魚の保存方法

生の魚:ラップで包んで、冷蔵庫のチルド室で保存します。
冷凍魚:冷凍庫で保存します。


【徹底ガイド】魚の鮮度を保つための処理と保存方法
新鮮な魚を手に入れたら、その美味しさを最大限に引き出したいですよね。そのためには、魚の選び方、保存方法、調理法が重要です。おいしい海の幸を堪能するための情報を確認していきましょう。

生活の知恵

詳しく見る


食品の保存方法をマスターすることで、家計への負担も軽減されます。


冷凍保存の効果的な利用

冷凍保存は、忙しい日々の強い味方です。適切に冷凍することで、食材の鮮度と栄養を長時間保つことができます。

【冷凍保存のポイント】
冷凍前に食材を適切に処理する
使用する分だけサッと取り出して解凍できるように、小分けにしておく
冷凍に適した容器を使う
冷凍庫の温度を適切に保つ

例えば、炒め物やシチュー用に事前に野菜をカットして冷凍しておくことで、料理の準備時間を大幅に短縮できます。また、肉や魚は部位ごとに分けて冷凍し、必要な量だけ解凍することで、使用する食材の量を調整しやすくなります。

これらの冷凍保存の技術を利用することで、食品の無駄を減らし、常に新鮮な食材を使用することが可能になります。忙しい毎日でも、栄養バランスのとれた食事を維持するための大きな助けとなります。


【ライフハック】意外と冷凍できる野菜・フルーツ・その他食材まとめ
冷凍庫は我々の日常生活にとっての強力な味方。野菜を長期保存する方法として冷凍野菜は大変便利です。今回は、意外と知られていない冷凍テクニックをご紹介します。野菜やフルーツ、そして予想外の食材まで、上手に活用してみませんか?

生活の知恵

詳しく見る


食材フル活用テクニック

 

野菜の部位

野菜の部位ごとの活用法

野菜を丸ごと利用することで、食材の無駄を減らし、節約を実現することができます。野菜の部位によって、栄養価や食感などが異なるため、部位ごとに適切な活用方法があります。

【野菜の部位ごとの活用例】
葉:炒め物、サラダ、スープなどに
茎:煮物、漬物、きんぴらなどに
皮:炒め物、スープ、天ぷらなどに
芯:煮物、スープ、だし汁などに

例えば、ブロッコリーの茎は炒め物やスープに使え、人参の葉もサラダや和え物に活用可能です。根菜の皮には栄養が豊富に含まれているため、よく洗ってから料理に使うことで、ビタミンやミネラルを逃さずに摂取できます。

これらの部分を活用することで、食材の購入頻度を減らし、経済的にも効果的です。


無駄なく美味しい!玉ねぎの皮で出汁を取ろう
玉ねぎは多くの料理で使われる野菜ですが、その皮は一般的に捨てられがちです。しかし、実はその薄茶色の皮もまた、栄養と可能性の驚くべき宝庫です。玉ねぎの皮が持つ未知の魅力と、私たちの日常や環境にどのように貢献してくれるのか。普段の料理や生活に彩りを加えるヒントをお届けします。

生活の知恵

詳しく見る


食材の再利用アイデア

食材の残りを賢く再利用し、新たな料理に生まれ変わらせることは、食品ロス削減の鍵です。

【食材の再利用アイデア例】
野菜:野菜スープやポタージュ、炒め物や根菜類はきんぴら、ピクルスなど、少量でもいろいろな料理に活用できます。また、皮などはチップスにしておやつにも。
果物:ジャムやドライフルーツにすることで、長く楽しめます。またコンポートやスムージー、フルーツソースなどにして楽しむこともできます。少しずつ残った果物を混ぜ合わせると、新しい味の発見があるかも。
肉・魚:細かく切ってジャガイモと合わせてコロッケにしたり、タコスの具にしたり、新たなスタイルで美味しく頂くことができます。
ご飯:少し余ったご飯はチャーハンやリゾットなど、他の具材と合わせることでボリュームのある一品になります。
パン:固くなったパンはフレンチトーストがおすすめ。またクルトンやパン粉にしてお料理に活用することもできます。

これらの工夫により、毎日の料理がより豊かで、経済的なものに変わります。


捨てちゃう前に!ジャムで食品ロス削減
冷蔵庫の奥で忘れられがちな果物や野菜、ありますよね?そんな食材を、捨てずに美味しく活用できる方法があります。それは、ジャム作りです!ジャム作りは、食品ロス削減にもつながるだけでなく、手作りのおいしさも楽しめます。この機会に、ぜひジャム作りに挑戦して、食品ロス削減に貢献してみませんか?

生活の知恵

詳しく見る


節約レシピで賢く料理! 食費を抑えながら、満足感もアップ

 

節約メニュー

低コストで高栄養の食事

節約と健康を両立させるためには、コストパフォーマンスの高い食材を選ぶことが重要です。

【低コストで高栄養な食材】
旬の野菜:旬の野菜は栄養価が高く、価格も比較的安価です。
大豆製品:大豆製品は良質なタンパク質が豊富で、価格も安価です。
鶏肉:鶏肉は比較的安価な肉類で、タンパク質が豊富です。
:卵は良質なタンパク質とビタミンが豊富で、価格も安価です。

例えば、旬の野菜や豆類、全粒粉製品は価格が比較的安定しており、栄養価も高いです。これらを上手に利用することで、ビタミンやミネラルをたっぷり摂りながら、食費を抑えることが可能です。特に豆類はたんぱく質が豊富で、肉の代替としても使えるため、経済的ながら栄養バランスの良い食事が作れます。

【低コストで高栄養なレシピ例】
鶏むね肉の照り焼き:鶏むね肉は低脂肪で高タンパク質の食材です。照り焼きのタレは、砂糖や醤油などを代用することで、低コストで簡単に作ることができます。
豆腐ハンバーグ:豆腐ハンバーグは、牛肉や豚肉よりも低コストで、ヘルシーなハンバーグです。
野菜たっぷり味噌汁:野菜たっぷり味噌汁は、栄養満点で、低コストなスープです。
卵焼き:卵焼きは、良質なタンパク質とビタミンが豊富で、低コストな料理です。


節約レシピでも満足感のある食事

家族全員が喜ぶ美味しい節約レシピは、日々の食事の中で重要な役割を果たします。節約レシピは、家族の好みや栄養バランスを考慮しながら、美味しく食べられる工夫が必要です。

【節約レシピのポイント】
家族の好みを反映する:家族の好き嫌いなどを考慮して、レシピを選ぶようにしましょう。
栄養バランスを意識する:たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルなどの栄養バランスを意識して、レシピを選びましょう。
彩り鮮やかに盛り付ける:彩り鮮やかに盛り付けることで、食欲をそそります。

例えば、一つの大きな鍋で作るシチューやカレーは、多くの人数に対応できるだけでなく、翌日に余った分をアレンジして再利用することも可能です。また、子どもたちに人気のパスタ料理は、季節の野菜を使って色とりどりにすることで、見た目にも鮮やかで食欲をそそる一品になります。

 こうした工夫を凝らすことで、食費節約と共に家族の満足度も高めることができます。

【家族を満足させる節約レシピ例】
鶏肉と野菜のカレー:比較的安価な鶏肉と野菜をたっぷり使ったカレーは、栄養価が高く、家族にも大人気の節約レシピです。残った場合は、別の料理にアレンジも可能です。
豚肉の生姜焼き:豚肉は比較的安価な食材であり、シンプルな材料で作ることができる豚肉の生姜焼きは、定番の節約レシピです。
野菜たっぷりパスタ:パスタはエネルギー補給に最適な食材であり、野菜を使うことで栄養満点の一品となります。パスタと野菜は比較的安価な食材なので、低コストで作ることができます。
ツナと野菜のチーズ焼き:ツナ缶は比較的安く、栄養価が高いため、経済的な食材として非常に人気があります。季節の野菜を使用することでコストを抑えることができます。チーズは、コクと風味がアップします。栄養バランスも良く、手軽に作れるレシピです。


コスト削減と食育の両立

節約をしながらも、子どもたちに食に関する正しい知識を教えることは、将来的に彼らが自立した生活を送る上で非常に役立ちます。

食材の選び方から調理方法、食品の保存技術に至るまで、日常の料理を通じて学べることは多いです。特に、季節ごとの食材を活用することで、どの食材がいつ安くなるかを理解し、経済的な観点からも効率的な食生活を送る基礎を築くことができます。

【食育のポイント】
食材の大切さを教える:食材の大切さを教えることで、食材を無駄なく使うことを意識するようになります。
一緒に料理をする:一緒に料理をすることで、料理の楽しさを知ることができます。
感謝の気持ちを伝える:食事を作ってくれたことに感謝の気持ちを伝えることで、食への意識が高まります。

これは、食費の削減だけでなく、持続可能な食生活への意識を高めることにもつながります。



食品ロス削減は、決して難しいことではありません。ちょっとした意識を変えるだけで、誰でも簡単に取り組むことができます

食卓から始める節約生活は、笑顔あふれる毎日へと繋がる小さな一歩です。ぜひ、あなたも今日から始めてみませんか?





同じカテゴリの他の記事はこちら

ロスゼロブログ一覧へ

この記事を書いた人

村上

サステナブルライターとして、SDGsや生活の知恵を発信しています。育児をしながら、子どもと一緒に地球に優しい生活を目指し中。趣味は料理と美術館巡り。

監修者

文 美月

株式会社ロスゼロ 代表取締役
大学卒業後、金融機関・結婚・出産を経て2001年起業。ヘアアクセサリーECで約450万点を販売したのち、リユースにも注力。途上国10か国への寄贈、職業支援を行う。「もったいないものを活かす」リユース経験を活かし、2018年ロスゼロを開始。趣味は運動と長風呂。